なぞの少年

制作 : Ivan Kusan  山本 郁子 
  • 冨山房インターナショナル
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902385960

作品紹介・あらすじ

不可解な行動をとる転入生。ココ少年と仲間がその秘密をさぐる。次々と驚く事実が!「あいつはいったいだれなんだ!」クロアチア児童文学で大人気の冒険小説が日本にはじめて登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クロアチアで
    主人公ココを知らない人はいない程
    人気シリーズとのことで
    クロアチアという
    あまり馴染みのない国に興味があり
    読んだ
    普通に少年の冒険譚と思っていたら
    意外に現実的で深刻な話
    転校生の秘密を探るココ
    土地柄、戦争も身近な話
    日本の子供達と全く違う現実がある

  •  第二次世界大戦後のザクレブ。転入生マルコ・ルカリッチには、何か秘密がある…。そう考えたココとトモは、その秘密を探りはじめる。
     ストーリーがどうこうというより、挿絵があまり好きではない…。

  • 楽しい本でした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1933年、サラエボ生まれ。幼少の頃、ザグレブに移り住む。ザグレブ美術大学で絵画を専攻し、学士号、修士号取得。1953年から、多くの新聞や雑誌に短編小説などを掲載。人気を博した児童小説が多いが、大人向けの小説や短編も著す。文学作品に贈られるさまざまな賞を受賞。ラジオやテレビのドラマ、劇場のための作品も手がける。文学や美術の雑誌の編集、演劇アカデミーの講師も務めるなど、文学・演劇および美術の分野での活躍がめざましい。2012年11月没。

「2014年 『本物のモナ・リザはどこに』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イワン・クーシャンの作品

ツイートする