黄昏 (ほぼ日ブックス)

制作 : 南 伸坊 
  • 東京糸井重里事務所 (2009年10月7日発売)
4.08
  • (36)
  • (26)
  • (20)
  • (3)
  • (1)
  • 223人登録
  • 46レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902516302

黄昏 (ほぼ日ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鎌倉で、日光で、東北で、そして東京で。
    南伸坊氏と糸井重里氏による大人の上質な無駄話ににんまり。
    旅先だからこその話題もあれば、「いつもこの人たち、こんな話してるんだろうな」と感じる話題もあります。
    おそらく彼らの会話をかなり忠実に文字におこしているのでしょう。
    お二人のテンポや雰囲気まで文字から感じられて、終始にまにましながら読んでいた気がします。
    小学生男子の会話みたいなのに、時折のぞく独特のセンスや日本の文化を支える大人の顔がたまらなくかっこよかったです。

    この旅に同行した編集者やカメラマンはおもしろかっただろうな~、とうらやましさも感じながら読了。
    おじさん、おばさんになっても、こんな風に話せる相手に恵まれますように!

  • あ行ではない気がするのだけど、ほぼ日である、ということで。おじさん2人がこそこそ電車の中で話してるのをこっそり盗み聞きさせてもらっているような。

  • 装丁で、こんなにも読みたくなるんだ。
    表紙の写真、紙の質、本の厚さ、肌触り!
    ついつい手に取りたくなる本。
    肝心の中身がこれまた良い。
    ネットでチラ読みしたときは、あまり関心なかったけど、
    読めば読むほど味が出る。
    不思議なのは、糸井さんと南さん、おじさん2人の会話なのに、読む方が童心に帰る瞬間があること。
    このお二方は、やっぱり色んなものをよく観察してるんだなぁ。(幼い頃は色々と観察していたんだなぁという自分への反省もあり。)
    会話のレベルは違えど、友人とこういう時間、過ごすな〜と懐かしいような、安心するような気持ちになる。本なのに落ち着いた間がある。
    読み切りなので、空いた時間に読めるので非常におすすめです。
    文庫版もあるけど、単行本の方が肌触りがよくて素敵。

  • 会話がかわいい( ´ ▽ ` )ノ
    糸井さんの性格が好きです
    人の優しさを裏切らないように見える感じが。

  • 2014 2/16

  • 【資料ID】111369
    【分類】914.6/Mi37

  • 糸井さんと南伸坊さんの他愛ない会話がおもしろかった。いいなあこの雰囲気。

  • 最近おじさんの雑談の本が凄くいいですね。
    できれば音で聴きたい。

  • 読書で笑えるってすごい!
    泥棒とインターネットの話が(/∀\*)

  • 年をとったら、こんな会話ができる友達がほしいです。

全46件中 1 - 10件を表示

黄昏 (ほぼ日ブックス)のその他の作品

南伸坊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ほぼ日刊イトイ新...
よしもと ばなな
冲方 丁
和田 竜
村上 春樹
三島 由紀夫
夏川 草介
大野 更紗
穂村 弘
東野 圭吾
万城目 学
村上 春樹
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

黄昏 (ほぼ日ブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする