羊どろぼう。 (ほぼ日ブックス #)

著者 :
制作 : 奈良 美智 
  • 東京糸井重里事務所
4.22
  • (55)
  • (62)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 510
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902516418

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 914.6-イト  300575735

    多忙は怠惰のかくれみの

    (黒板書架「言葉を育てる」特集コメント ”好きな言葉とそれが載っている図書を教えてください”より)
    ご紹介いただきましてありがとうございました!

  • 2016_052【読了メモ】(160903 15:00)糸井重里『羊どろぼう』/熟成のため寝かせ中。

  • なんていうか、毎日を過ごしていろいろと感じたり考えたりしていて、どうしてだろうだとか、どうしてだろう未満でさえある感情や考えのタネがこころに芽生えることってしょっちゅうだと思いますし、その人なりの死角になっていて見えていない部分ってあると思うんです。そんな要所要所をズバっとつくようなアフォリズムのような言葉が並んでいたりもして、「ああ、そうか」だとか、「なんで気づかなかったのかな」とか、ほぼ日か何かで以前読んでいて、再度触れている言葉だってことがわかるものもあるのですけども、それでも、再発見させられることが多かったですね。そして、読んでいるうちに整体で治してもらっているみたいに、こころの矯正をしてもらっているような感じもしました、笑える箇所を含めて。また、時折写真が出てくる糸井さんの愛犬ブイヨンがかわいらしいです。大好きなシリーズで、今回もまた「助けられてるなあ」と身にしみている次第。短いセンテンスの言葉が一ページを占有していて、その余白、空白部分が気持ちの余裕を誘い出しますね。反芻が苦にならないのは、その空白部分によるところがおおきいのかもしれない。老若男女にすすめられる本です。ほぼ日ファンだったなら、抱いて寝たいくらいの本でしょう。

  •  ―――勉強の「価値」から自由になったら、
    なにかを知ったり考えたりすることは
    悲しいことも含めて、おもしろい。―――

    2010年の糸井さん。
    ちょっとご無沙汰の糸井さん。
    相変わらずの糸井さんでした。

    糸井さんがさっき考えついた法則
    「苦手な部門のことについて、人間は短気になる」
    すごくよくわかる、イタイ本質だ。
    人間って、こういうことを素直に認められないから。
    人間、というか、わたし、かな。

    学校で、先生も生徒も一緒に「わからない」の時間をやろうという発想。
    先生もほんとにわからないこと。
    学校別に、小学校、中学校、高校でいろんなわからないをやることのおもしろみについて。
    糸井さんは先生じゃないけど、先生になれる。
    できれば小学校の先生がいいなあ。

    「空腹」についての考え方もおもしろい。
    食生活について見直す糸井さん。
    気持ちのいい空腹の発見について、
    「歴史のなかにいる人間たちのほぼすべては、いつも「満腹」で生きてなんかなかったですから。」
    たしかに、満腹でないとどことなく安心しない。
    空腹で、血糖値下がる下がるって焦ることもある。
    でも、カロリーって思ってるより摂ってるし、空腹は消費を実感するということを思えば、ね。
    ダイエットとかではなく、満腹を見直すということは健康面で非常に重要なのかもしれない。

    糸井さんの文章は2.3行ぽっちなのに、とても奥深い。わたしのなりたい、聡明な一文なのです。
    うーん、あこがれちゃう。

  • 「小さいことば」シリーズ。2011年刊行。

  • 経営や仕事に対して紋切り型の考えを持っていないことが判る。多くの人がほぼ日に期待している(と思う)雰囲気と、ことばを散りばめレイアウトとか装飾にも凝っている。ホッとしたい人にはおススメできると思う。

  • 内容はどうでも、この紙の手触りと表紙の奈良美智の絵に惚れて購入。そばに置いておきたい一冊です。

  • 糸井重里さんの言葉たち。大事なことを力の抜けた口調で語ってるから心にすっと入ってくる。奈良さんの表紙も素敵だし、ワンコの写真も可愛いなぁ。大切にしたい一冊です。

  • 気楽に読むことができた。今の自分にピッタリだという言葉や、こんなこと考えたことあるな、とか、こんな風に考えられたらな、なんてことがたくさんあった。

  • 糸井さんの言葉に触れるだけで、
    なんだかほっこりする…。

    疲れてる頭に染みます。
    ふとした時にパラパラとめくって読みたくなる一冊。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、群馬生まれ。コピーライター、エッセイスト、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。おもな著作に『糸井重里の萬流コピー塾』『ブイヨンの気持ち。』など。

「2015年 『ずっしり、あんこ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

糸井重里の作品

羊どろぼう。 (ほぼ日ブックス #)を本棚に登録しているひと

ツイートする