きのこの絵本―ちいさな森のいのち (しぜんのほん)

著者 :
  • ハッピーオウル社
4.25
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902528305

作品紹介・あらすじ

野生のきのこに出会ってから20年余り。ずっときのこの絵を描き続けてきた画家が贈る、きのこの魅力がいっぱいつまった絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • きのこ画の第一人者・小林路子さんの手によるキノコ絵本図鑑。

    ページを開くと目に飛び込んでくるのは、いろいろな色や形のキノコたち。普段スーパーでしかキノコを見かけない人は、こんなにもたくさんの種類があることに驚くだろう。

    そしてまたキノコの水彩画の素敵なこと。やさしくのびのびと描かれたキノコたちは写実的ながらもキノコへの愛が満ちあふれていて、見ていると心が和んでくるみたい。脇役として出てくるクマやウサギといった動物たちが、図鑑をちょっとメルヘンチックに演出してくれる。

    絵本図鑑、というよりは図鑑絵本、と呼びたいくらいの魅力あふれる本だと思う。 

  • 写真ではなく、絵なことの良さをすごく感じます。
    図鑑でもあるし。
    身近なものなんだなー、きのこって。
    きのこの成長とか、自然・科学絵本として、へぇ〜。度満点。

  • ●児童書

全3件中 1 - 3件を表示

小林路子の作品

ツイートする