LIFE IS ESPRESSO

制作 : 菅付 雅信 
  • mille books
4.07
  • (7)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902744569

作品紹介・あらすじ

下北沢で日本最高のエスプレッソを出すベアポンド・エスプレッソ田中勝幸の波乱万丈なエスプレッソ道。人生はエスプレッソのように苦く甘い。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んだら行かずにはいられないな。オーナーの経歴がとても興味深かった。

  • わずか15mlのエスプレッソに溢れんばかりのパッションとプライドを注ぎこむ、これは下北沢「BEAR POND ESPRESSO」のオーナー田中勝幸氏によるエッセイである。

    大学時代はスキーやサーフィンにのめり込み、卒業後は大手広告代理店に勤めるも語学を磨くため仕事を辞め、渡米。その後、NYで一流企業に働きポストも得るが、ある日ダウンタウンで出会ったエスプレッソの味にノックアウトされ、気がつけば仕事をしながらバリスタの訓練を積む日々……。そして、「骨を埋める」気でいたアメリカの地を離れ下北沢にわずか6坪のカフェを開き、現在に至るまでのストーリーが熱い口調で語られる。

    他人の目には波瀾万丈に映るかもしれないその過去も、本人にとってはたまたま情熱を傾けるべき対象が変わっただけで同じ一本道、いまの姿もことによったら「通過点」に過ぎないのかもしれない。チェーン店ではけっして味わえない、ちいさな個人店の魅力に触れるとともに、その「熱い」生き方に共感をおぼえるひとも少なくないだろう。ただしかなり熱いので、ヤケド注意!?

  • エスプレッソに対する熱い思い、バリスタという職業の素晴らしさを教えてくれる貴重な一冊。同じバリスタとして尊敬します。

  • ヤバイ...弟子入りしたい。
    一つのことをとことん追求する人の熱い情熱、エネルギー。
    本からもバシバシ伝わってくる。
    刺激もらえる。
    こうなりたい。

    現役バリスタになれたら、絶対会いに行こう。

  • 読み終わったら久々に下北沢に行きたくなった。単にお洒落なコーヒー本ではなく、アツい生き様系の一冊。写真もいい感じ。

  • かっこいい表紙に惹かれて手に取りました。
    中の写真もオシャレで素敵。

    今度東京へ行く機会があれば一度は立ち寄ってみたい。

  • おしゃれな表紙と中の写真に惹かれて購入。
    お店の場所は遠いのでなかなか行けそうにないけれど
    機会があれば一度行ってみたいと思いました。
    若干、著者の方の自慢?と思える文面が気になりましたが
    そこさえ眼をつぶれば写真はステキなので、
    コーヒー片手にゆったりする時間に
    おすすめの本だと思います。

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする