未来の住人のために (OURS TEXT 001)

  • nobody編集部
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902794397

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  横浜国立大学の大学院・建築都市スクール(Y-GSA)の主催した2回のシンポジウム《建築をつくることは未来をつくることである》を採録したこの小冊子『OURS TEXT 001 未来の住人のために』(nobody編集部 刊)は、サブプライム危機に端を発する2007年のリーマン・ショック、そして2011年の東日本大震災が、日本における建築という分野の試練、いや理念的な破綻を招いたと定義づけている。日本の土地政策、土木・建築政策はすべて間違っており、狭小な国土であるにもかかわらずアメリカ式の持ち家信仰を奨励し、同時にソビエト式の公団システムも推進したが、それらの政策はここへきて完全に行きづまり、国民の富が住宅ローンの呪縛によって不毛に吸い上げられ、一生が台無しとなっているのだという。
     そして、大震災の被災地域における仮設住宅のあり方をパネリストたちが熱く話し合うが、この議論を読んでいると、ひょっとして日本建築の新たなパラダイムは、被災地の仮設住宅が鍵を握っているのではないか、という夢想さえ抱かせる。

     それと、私も以前からうすうす感じていたが、改めて認識したのは、日本の住居は戸建てにせよマンションにせよ、セキュリティとプライバシーがいたずらに追求されすぎているというのである。個人主義が未発達な日本、地下鉄で居眠りしてもスリに遭わず、個の緊張を欠いた日本、などとよく言われるけれども、その反面じつはこれほど住空間が隣近所や通行人と隔絶している国もめずらしい気がする。
     「ヨーロッパの古い建築が連なっている街は、ある意味で日本の住宅などよりも厚い壁なのに、一つひとつの建物に住んでいるというより、なんとなく街に暮らしている感じがあります。ホテルの窓から見ても、どの住宅の窓も開いていて中がよく見えます。日本では建築のつくり方がいけなかったのかもしれないし、以前からそういう構造だったのかもしれない。」(妹島和世談 本書59-60頁)
     たしかにヨーロッパの住宅は窓が開放的で、カーテンを神経質に引くこともなく、昼夜を問わず内部が丸見えであることが多く、住人がワインを飲みながら食事をとる光景や、好さそうなランプのもとで読書をしている姿が外部の視線に晒されてまったく憚ることがない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

建築家。1941年生まれ。主な作品に「せんだいメディアテーク」「みんなの森 ぎふメディアコスモス」「台中国家歌劇院(台湾)」など。ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダル、プリツカー建築賞など受賞。2011年に私塾「伊東建築塾」を設立。児童対象の建築スクールや、地方の島のまちづくりなど、これからのまちや建築を考える建築教育の場としてさまざまな活動を行っている。

「2017年 『冒険する建築』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊東豊雄の作品

ツイートする