ガラスのジゼル (くうの絵本箱)

制作 : くう編集部 
  • 編集工房くう
3.82
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784903003009

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 透明で、美しく哀しく、そして共感した絵本。
    全身がガラスでできていて、考えていることまで人々に透けて見えてしまう少女の物語。
    とても痛々しいのだけど、真理でもある。頭の中身が接する相手に伝わってしまったら、私たちはきっと普通に生活してゆくことはできない。
    絵本って短くて文章が少ない分、ダイレクトに伝わってくるのだと思う。

    昔大好きだった、「ガラスちゃん」というフランスのお話と通じるものがある。
    一生手元に置いておきたい、大切な絵本です。

    • えほんのむしさん
      夜さん、はじめまして!
      こちらの絵本が気になってレビューを読ませてもらいました。
      私も夜さんと同じように、絵本はダイレクトに伝わってくる...
      夜さん、はじめまして!
      こちらの絵本が気になってレビューを読ませてもらいました。
      私も夜さんと同じように、絵本はダイレクトに伝わってくるのが小説などとは違った感じで好きです。
      とても参考になりました、ありがとうございました!

      いきなりで申し訳ありませんが、レビューの最後に書かれている『ガラスちゃん』の正式名称か、掲載されている本のタイトルを知っていたら教えていただけないでしょうか?
      最近になって絵本を集めだしたのですが、幼少期に読んだガラスちゃんの絵本が見つけられないのです。
      私は童話全集のようなものに入っていたのを読んだので表紙も印象に残っていないのです。
      お暇がありましたら、よろしくお願いします<(_ _)>
      2018/02/17
    • 夜さん
      はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
      絵本いいですよね。大人になったからこそ深く理解できる作品もあったりして。

      「ガラ...
      はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
      絵本いいですよね。大人になったからこそ深く理解できる作品もあったりして。

      「ガラスちゃん」ですが、私の手元にあるのは、小学館から出ている「オールカラー版世界の童話43」の「フランスのお話」という童話集です。きっとえほんのむしさんが持っていた物と同じかと思います。
      外箱があって厚みのある絵本で、表紙は「ばらのおうじ」というお話のものになっています。「ガラスちゃん」は最後に収録されています。
      私も大人になってからオークションで手に入れたので、もしかしたらもう絶版になっているのかもしれません。
      他にも何か質問があったらまたコメントしてください(^^)
      絵本好き仲間としてこれからもよろしくお願いします!
      2018/02/19
    • えほんのむしさん
      いきなりだったにもかかわらず早速のお返事、ありがとうございました!
      そうです、そうです、私が持ってたのはそれだと思います!!
      童話全集が...
      いきなりだったにもかかわらず早速のお返事、ありがとうございました!
      そうです、そうです、私が持ってたのはそれだと思います!!
      童話全集が国ごとに何冊かあって、当時の私は長い文章を読むのが苦手だったので全然読んでないんです。
      今となっては勿体無い話です(>_<)
      その中で唯一読めたのがガラスちゃんでした。
      すごく懐かしいです!
      貴重な情報ありがとうござました。
      探してみますね(≧▽≦)
      2018/02/19
  • せつない。

  • ラスト1ページがたまらん。

全3件中 1 - 3件を表示

ベアトリーチェ・アレマーニャの作品

ツイートする