木が人になり、人が木になる。―アニミズムと今日 (Cosmos and humanities selectio)

著者 :
  • 人文書館
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903174020

作品紹介・あらすじ

自然に融けこむ精霊や樹木崇拝の信仰など、民族文化の多様な姿を通して、東洋的世界における人間の営為を捉え直し、人間の存在そのものを問いつめ、そこから人生の奥深い意味を汲み取ろうとする。
積年のアニミズム研究から、人間にとって必要な根源的な宗教感覚ないしは宗教性を、現代に蘇らせ、私たち一人ひとりの死生観を揺さぶる。独創的思想家の卓抜な論理と絶妙な修辞!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょっと期待した内容とは相違がみられたものの、
    経験談を元にしたアニミズム世界の説明は、
    読み応えがありました。

    原風景というのはわれわれ一人ひとりの幼少時代の体験のなかで、こころに刻みつけられている風景のことである。

    弓を引いて、的を狙っていけない。矢が離れる時を待つ。そうすると的が近づいてくる。自分と一体になる。

    弓を射ることは自分との対話だ。矢は自分の手を離れて、自分という的にあたるのだ。

    瓶に薔薇のハナを投げ入れて絵を描く。これから絵を描こうとするのだが、絵はすでに出来上がっていた。描き終わったときに訪れる感動が、描く前に画家を襲ったのだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1922年,横浜市生まれ。京都大学文学部卒業。京都大学大学院特別研究生,大阪市立大学教授,東京工業大学教授,国立民族学博物館教授,大谷大学教授を経て,東京工業大学名誉教授・国立民族学博物館名誉教授。著書に『カミの誕生――原始宗教』『東南アジアの少数民族』『草木虫魚の人類学――アニミズムの世界』『コスモスの思想――自然・アニミズム・密教空間』『カミの人類学――不思議の場所をめぐって』『カミと神――アニミズム宇宙の旅』『道元の見た宇宙』『からだ・こころ・たましい――宗教の世界を旅する』『死をふくむ風景――私のアニミズム』『木が人になり,人が木になる。――アニミズムと今日』『岩田慶治著作集』(全8巻)など多数。2013年2月,逝去。

「2020年 『アニミズム時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩田慶治の作品

ツイートする
×