昭和こども図書館

著者 :
  • 大空出版
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903175720

作品紹介・あらすじ

人気の昭和レトロエッセイ『まだある。』シリーズの著者・初見健一による、昭和キッズの児童書にまつわる“アレコレ"を集めたエッセイ風ブックガイド。今なお読み継がれるものが多い児童書ならではの世界に、世代を超えて共感必至です。

定番絵本や教科書掲載作品、夏休みの課題図書、そしてオカルトブームの真っただ中に刊行された数々の「怪奇系児童書」などなど、主に70~80年代の小中学生たちの記憶に残る懐かしい児童書を、子供ならではの“あるある"エピソードや著者独自の珍エピソードとともにふり返ります。

『ぐりとぐら』『からすのパンやさん』などの名作絵本から、教科書掲載のトラウマ童話『モチモチの木』、漱石の『三四郎』、『草枕』そして『恐怖の心霊写真集』『ノストラダムスの大予言』などオカルト本の名著(?)まで、100点を超える懐かしの児童書をドドッと紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普通物語を物す時は主義主張が香りすぎないよう調整するが、児童文学に置いては伝えたい気持ちの強さ(プロパガンダ)に、平易な言葉しか使えないことも相まって、しばしば匂いが甚だしくなる。そういった臭気が、返って子供を遠ざけたり、よくわからないながら魅了させたりするし、また、手を抜いた「子供向き」ではなく、大人に到底作れるとは思えないような真に子供向けの怪作もあったりする。

    著者の個人的な思い出の本であり自分とは縁がなかったものも多いが、子供の時に読んだ朧気な記憶と大人になって読み直した感想の乖離や一致に児童文学の面白さや難しさを思う一冊だった。

  • 微妙に世代が違うので
    ほぼピンと来ないし、いかんせん
    文章が面白くなさすぎる。
    そもそも今でも読めるとうたいながら
    絶版も多いし。
    ムーミンやバーバパパ、ぼくは王様や
    ズッコケ三人組シリーズ、まんが日本の歴史、
    ミステリーやホラーを子供向けにリライトして
    夢中になってよんだあのシリーズとか
    今読みたい懐かしい本は載ってなかった。
    これはレモンの匂いですか。
    いいえ、夏ミカンですよ。
    には衝撃を覚えた。何十年ぶりだけど
    これ知ってる‼️という衝撃…

  • 全く覚えのない本もちらほらあったけど「あぁ!これあった!!」と思わず声をあげてしまうものも結構あって面白かったです。

    「ミニレディー百科」シリーズ、懐かしいなぁ。占いとかおまじないとかよく参考にしてたっけ。
    「科学のアルバム」シリーズ、唯一買った「モンシロチョウ」は30年以上たった今も実家にある なぁ。
    「イシダイしまごろう」、全然知らなかったけどすごく読んでみたくなった!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1967年、東京生まれ。主に1960~70年のお菓子やおもちゃ、キッズカルチャーについての話題など、レトロな戯言をネタに活動中。主な著書に文庫『まだある。』シリーズ全9巻、単行本『まだある。大百科』『まだある。こども歳時記』『ぼくらの昭和オカルト大百科』、『昭和こども図書館』(大空出版)、『昭和ちびっこ未来画報』『昭和ちびっこ怪奇画報』(青幻舎)、『小学生歳時記』(ダイヤモンド社)、『子どもの遊び 黄金時代』(光文社新書)など。

「2018年 『新 まだある。大百科 お菓子編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

初見健一の作品

ツイートする