人として正しいことを

制作 : Bill Clinton  近藤隆文 
  • 海と月社 (2013年3月26日発売)
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903212418

作品紹介・あらすじ

成功は、成功することを願って追い求めても手に入らない。だが、意義を追求していると、向こうからやってくる。世界のリーディングカンパニーを長期的繁栄へと導いた著者が多数の実例とともに明かす真の覇者になるビジネス哲学とは。

人として正しいことをの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 情報ネットワークの発達によって世界が小さくなり、異文化で多様な価値観の人々と結びつき、透明性が標準となっていることを背景として、WHAT何をなすか以上に、HOWどのようになすかについて常に説明責任が果たせなければ生き残ることはできなくなっていると感じられた。
    また、ルールやコンプライアンスで縛ることの限界と自己統治への展望は参考になった。
    エピソードで語られ、分かりやすく興味が惹かれる半面、やはり冗長なので、もう少しポイントを整理してもらいたかった。
    13-97

  • 選択に迷ったら、正しいことより楽しいことを選びなさいとどこかのマンガが言っている。ビジネス書の世界では、意思決定について2流派ある。楽しいこと、どきどきわくわくすることをしなさいと主張する楽しさ重視派と、人として正しい当たり前のことをしなさいと主張する正しさ重視派だ。

    脳は一つのシンプルな命令しか選べない。正しさと楽しさ、どちらを意思決定の基準にすればいいのだろうか?

    例えば現在は、かつてなら信じられないような不正事件とかわいせつ事件とかを警察官が起こすのだという。警察官は正しさが必要なのに、楽しさ基準で選択していたら、法律を犯すことまで厭わなくなってしまう。

    一方、正しいことだけ選んでいたら、窮屈で自分を捨てながら生きていくことになる。さて、楽しさと正しさ、どちらを基準にしたらいいのだろう。中庸がいいのだろうか?

    この本は、正しさを基準におくことを推奨している。僕は正しさと楽しさどちらを基準にするかで迷っている。少なくとも苦しさからは遠い地点まで来ている。

    <印象的な箇所の引用>
    ・just do it より、how do it 。どのようにするかが大事な時代になった。
    ・レンガ職人に質問をする。何の仕事をしているのか質問されて、「レンガを積み上げる仕事をしている」と答える人もいれば、「大聖堂を作っている」と答える人もいる。自分の仕事の価値と目的を感じている人の方が、成長する。

全2件中 1 - 2件を表示

Dov Seidmanの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
リチャード・P・...
ハロルド・ジェニ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

人として正しいことをはこんな本です

ツイートする