「ちがい」がある子とその親の物語III レイプで生まれた子、犯罪者になった子、トランスジェンダーの場合

  • 海と月社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903212760

著者プロフィール

政治、文化、心理学分野の研究、著述家。
2001年『真昼の悪魔』で全米図書賞受賞。ピューリッツァー賞の最終候補、
ロンドン・タイムズ紙「過去10年のベスト100冊」にも選出。
特異な子とその親を研究した本書も高く評価され、2012年全米批評家協会賞(一般ノンフィクション部門)、
ルーカス図書賞、アニスフィールド・ウルフ図書賞など多数受賞した。
ニューヨーカー、ニューズウィーク、ガーディアン各紙に寄稿し、
コーネル大学精神医学講師、イェール大学精神医学部のLGBT担当特別顧問も務める。
www.andrewsolomon.com

「2020年 『「ちがい」がある子とその親の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンドリュー・ソロモンの作品

ツイートする
×