3賢者の成功哲学 成功哲学の源流は人格主義! サミュエル・スマイルズ「自助論」、ジェームズ・アレン「原因と結果の法則」、オリソン・マーデン「いかにして希望を達すべきか」

制作 : オリソン・マーデン財団 
  • イーハトーヴフロンティア
3.64
  • (4)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903243153

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非常に良い本です。何度も読み返してます(^-^)/。
    磁石の法則、代償の法則、成功の法則。

    自分の求めるものをまず考えよ。
    君が置かれている環境や境遇は、君が思考し君が信じまた君の過去における行為が「引き寄せた結果」なのだ。

    思慮なき者、無学の者、怠惰な者はただ「成功の外観をみて」その真相を見ずに幸運とかチャンスとか言う。
    成功までの道程にいかに試練に耐え、いかに多くの失敗を経験し、かつ幾多の苦心をしたか。
    その支払った代償に思い至らないのである。
    彼らが払った犠牲も代償も、その勇敢な努力も知らずに。

  • 原典をただまとめただけなのか、著者の意見も混ざっているのか、しっかり読み比べしないとそれを判断することはできないが、要点を知るだけであれば十分であるし、十分に生きる指針を与えてくれる内容である。

  • 良いとこ取りの一冊

  • ----------------------------------------------
    ▼ 100文字感想 ▼ 
    ----------------------------------------------
    明治・大正の時代に中村天風をはじめ、多くの若者に
    大志を抱かせた成功哲学の始祖たち。夢のような3者
    競演。古典といわれるが、全く古さを感じさせないのは、
    3者のエッセンスを取り入れてる書が今も多いせいか?


    ----------------------------------------------
    ▼ 5つの共感ポイント ▼ 
    ----------------------------------------------

    ■君が自分の希望の実現を願うなら、最善を尽くして
     実際的な行動に務めなければならない。ただ希望を
     持つだけでは、それはたんなる夢想である

    ■どんなによい法律が作られたところで、怠け者が制
     度によって働き者に変わったり、浪費家が倹約家に
     なったりすることはない

    ■人間は習慣がすべてである。行動でも思考でも、
     反復こそが力となる

    ■大自然の法則
     1.与えたものは返ってくる 2.収穫増加の法則

    ■宇宙の法則「作用と反作用は同等である」
     何かを得たいなら、受け取るものに相当するだけの
     報酬を差し出すことだ

  • 3賢者の成功哲学 成功哲学の源流は人格主義! サミュエル・スマイルズ「自助論」、ジェームズ・アレン「原因と結果の法則」、オリソン・マーデン「いかにして希望を達すべきか」
    リチャード・H・モリタ
    イーハトーヴフロンティア(2007-08-05)

全6件中 1 - 6件を表示

リチャード・H・モリタの作品

ツイートする