カフカ田舎医者

  • プチグラパブリッシング
3.48
  • (5)
  • (8)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 70
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903267678

作品紹介・あらすじ

フランツ・カフカの傑作短篇をアニメーション作家山村浩二が映像化!田舎医者の孤独と不安、そして絶望を描いた本作をもとに、幾重にも重ねた原画によって見事なまでに描き出した、幻惑の世界に誘う山村浩二渾身の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山村さんのサインがある!

  • 原文の答え合わせのため、青空文庫にあったのを読んだ。

  • カフカ
    暗い分からない救いどこない…のに…

    カフカ何冊目だろう…なんで苦手なはずなのに
    手にとってしまうんだろうな

  • 原作はもちろん大好きだけど、昨年アニメーションを見て仰天、感動。山村浩二さんは天才だ!私も本よりDVDがほしいです。出てないのかな?

  • 医者の悲哀。

  • きっと映画を見たほうがもっとすごさを味わえるだろうなぁ。
    でも装丁の素晴らしさ、中身の解釈?のすごさとかは流石あの「頭花」の監督さんだと思う。

    カフカの不条理的怖さが伝わってきましたよ…。

  • オドラデグ可愛すぎ。

  •  以前見た特集番組で気になったので読んでみました。元はアニメーション作品で、その原画をそのまま用いて絵本にした作品だそうです。
     カフカのもつ皮肉や象徴性、寓意性を損なわず、むしろ強烈に感じることができると思います。印象は、輪郭が濃く、皮肉のもつ黒さと冬の雪の白さが混じって全体的に灰色、生の中にある苦悩のような色です。絵の一つ一つにユーモアと皮肉が込められているように感じました。

  •  本屋でなんとなく気になって購入。絵のない原作を読んでからもう一回読み直したい。絵のインパクトがすごい。ちょっと怖い。元々はアニメ化したものを絵本化したものだそうです。

  •  これはこれで素晴らしい本だけど、アニメーションで動く画で、ぜひ「田舎医者」を見てみたいと思った。原作であるカフカの「田舎医者」も。ぜひ合わせて読みたい。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山村浩二 1964年、愛知県に生まれる。東京造形大学卒業。短編アニメーションを多彩な技法で制作。『頭山』でアヌシー国際アニメーション映画祭グランプリを受賞したほか、『カフカ 田舎医者』『マイブリッジの糸』などのアニメーション作品により国内外の数多くの賞を受賞。絵本に『くだもの だもの』『おやおや、おやさい』『おかしなおかし』(文は石津ちひろ/いずれも福音館書店)、『怪物学抄』(河出書房新社)など多数。東京都在住。

「2018年 『あのくも なあに?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山村浩二の作品

ツイートする