大竹伸朗 全景 1955-2006

著者 :
  • grambooks
4.56
  • (18)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903341026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 完成まで待ちに待った全景。圧倒的な存在感だった展覧会。その空間を収めることはできないが、思い出すには十分な仕上がり。

  • この量。人が殺せる。バイブル。

  • 大竹ファンとしては、この本の存在感は最高です。まさに、全景展に匹敵する迫力。制作に関わった、全ての人に敬意を表します。

  • 何年か前に大竹伸朗の全景展を現代美術館で観て、そのときは「なんだこれ?」って程度の感想だったけど今となってはこの「なんだこれ?」って感じがいいんだってことに気づいた気がする。だからこれ欲しい。

  • コラージュが1番 
    ヤバイです。

  • *1152ページ、特製スリーブケース入りで、あまりに重くて気軽に手に取れないので、参考までに目次を引用しておきます。

    図版
    ごあいさつ
    謝辞
    大竹伸朗論「既にそこにあるもの」をめぐって|藪前知子
    存在と時間 大竹伸朗の音世界|湯浅学
    資料編|岡村恵子
     大竹伸朗 年譜・参考文献 1955-2006
     出版本(自著、画集、個展カタログ)
     音の仕事
     手製本
     雑誌の付録ポスター
    会場風景
    出品作品リスト
    作品索引
    見えない音、聞こえない絵|大竹伸朗

    付録CD
    Disc-1 ダブ平&ニューシャネル『捨熱』
    Disc-2 ダブ平&ニューシャネル『ダ』
    解説|大竹伸朗
    付録:A2ポスター

  • 頭がシビレルでかい本。

  • ニューシャネル

  • 2006年 東京都現代美術館にて開催された「大竹伸郎展 ”全景”」のオフィシャルブック。
    もう一度 見たい見たい見たい!! 
    高すぎる!(笑)

  • 2006年10月〜12月まで開催していた展覧会の図録。
    刊行が予定より約1年遅れたため、いろいろとおまけが付いたりお詫びの葉書が来たりした、
    販売元としては苦労したであろう書籍。
    「全景」という名前だけあって大竹伸朗を理解するためには欠かせない書籍であろう。

    こんな本が作れるのか!?っと驚くほどのぶ厚さだ。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、東京生まれ。1980年代初頭より国内外で作品発表を開始。2006年初回顧展「大竹伸朗 全景 1955–2006」(東京都現代美術館)以降、東京、香川、ソウル、ロンドン、シンガポール等で個展。光州ビエンナーレ(韓国)、ドクメンタ(ドイツ)、ヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア)、横浜トリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭はじめ国内外の企画展に参加。1986年に初作品集『《倫敦/香港》一九八〇』(用美社)刊行後、作品集や著作物、CD等多数発表。主な著書にエッセイ集『見えない音、聞こえない絵』『ビ』『ナニカトナニカ』(共に新潮社)、『既にそこにあるもの』、『ネオンと絵具箱』(共にちくま文庫)、絵本『ジャリおじさん』(福音館書店)等。エッセイ「見えない音、聴こえない絵」は、月刊文芸誌『新潮』に現在も連載中。2014年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
ohtakeshinro.com

「2019年 『大竹伸朗 ビル景 1978–2019』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大竹伸朗の作品

ツイートする
×