建築を愛する人の十二章 (放送大学叢書)

著者 :
  • 左右社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903500263

作品紹介・あらすじ

美しい都市も、美しい自然も、建築と共にある。そして人生も自分も、建築から広がる。「彩の国さいたま芸術劇場」等、環境と調和した建築群で知られる建築家が、建築を見る楽しみ、作る喜びを、詩情あふれる文で伝える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/11/22 図書館で借りる

  • 筆者特有(かもしれない)表現で建築への愛が語られている。
    文章が美しいので読んでいて心地よい。
    とても詩的な印象。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

建築家。東京大学名誉教授、聖学院大学教授。香山壽夫建築研究所所長。主な作品に「彩の国さいたま芸術劇場」「東京大学工学部1号館増建築」等。主な受賞に日本建築学会賞、村野藤吾建築賞、アメリカ劇場技術協会賞、日本芸術院賞等。

「2010年 『建築を愛する人の十二章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香山壽夫の作品

ツイートする