大澤真幸THINKING「O」第4号

  • 左右社
3.13
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903500362

作品紹介・あらすじ

特集「もうひとつの『1Q84』」。村上春樹のベストセラー小説を、辻井喬と読み込む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1Q84を社会学的(大澤真幸流)に読み解いた本。

    普通に小説読むよりこれだけ読んだ方が面白いと思う。

    いつも思うのだが、ここで書いてあるようなことを本当に小説の作者が言いたかったとして、なぜ小説というメディアを選ぶのだろうか。

    正しく伝わない可能性がここまで高いメディアを。


    映画でも同じことが言えると思うが、映画はその多くの目的をエンターテイメントに見出してると思うから、別にいいと割り切っている気がする。

    そもそもミーハーな人が作るものだろうし。



    でも小説はここまで時間をかけないと読めないとても大変なメディアであるのに、ようやく読んでももらったその結果として、いいたいことが全然違う風に捉えられているというのはとても残念な結果ではないか。

    それなりにミーハーな小説家もいるかもしれないが、そうではなさそうな人(高橋源一郎、島田雅彦、村上春樹・・)はどう考えているのか。

    やはりポストモダンの言説のように、作品が作者の手を離れて生き残ればいいと思っているのだろうか。

    僕には多分耐えられない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小説家、詩人。元セゾングループ代表。著者に『茜色の空』など。

「2010年 『大澤真幸THINKING「O」第4号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻井喬の作品

ツイートする