文学のミニマル・イメージ モーリス・ブランショ論 (流動する人文学)

著者 :
  • 左右社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903500492

作品紹介・あらすじ

フランス文学研究の俊英・郷原佳以による本格的ブランショ論。ブランショが〈文学〉に見出した〈驚異〉とは何だったのか……。最注目の書き手、デビュー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【目次】

    序論──文学にイメージは「ある」か
     1. 「語ることは見ることではない」
     2. 見ることではなく、イメージに触れること
     3. 本書の意義
     4. 本書の構成

    第一部 遺骸としてのイメージ
     第一章 イメージとしての不気味さ──「遺骸的類似」と「美術館病」
      0. はじめに
      1. 「遺骸的類似」
        1-1. イメージによる想像と解体
        1-2. 魔術的なもの──夢のなかで
        1-3. 『ロンドンの夜』──群衆、日常的なもの
        1-4. 美術館の病
      2. 〈美術館〉としての芸術作品──ブランショのマルロー論をめぐって
        2-1. ブランショの〈美術館〉論
        2-2. アナクロニスム(1)マルロー──反美術史としての「想像の美術館」
        2-3. 〈美術館〉批判者たち──「美術館病」に罹った人々
        2-4. アナクロニスム(2)ブランショ──〈美術館〉としての芸術作品
        2-5. 結論──「芸術の自律」とアナクロニスム
     第二章 イメージの「イリヤ」
      0. はじめに
      1. 「現実とその影」をどう読むか
      2. 感覚のなかでの踏み逢い
      3. 彼岸への離脱
      4. 根源的な受動性──音楽としてのイメージ
      5. ブランショの「イリヤ」──サルトルとレヴィナスの後に
      6. 根源的ミメーシス──絵画としてのイメージ
      7. 盲目的視覚の魅惑
      8. 偶像の時間──彫像としてのイメージとイメージの禁止
      9. イメージの両義性と離脱という介入
     第三章 イメージの「イリヤ」あるいはカトリーヌ・レスコーの脚
      1. 原光景?
      2. フレンホーフェル=オルフェウス
      3. 作品の運命
      4. 何もないのではなく何ものかがある(イリヤ)
      5. カトリーヌ・レスコーの足

    第二部 言語の不可能な形象(フィギュール)としてのイメージ
     第一章 ボロソボンとしての形象(フィギィール)──物語とイメージ
      0. はじめに──ブロソボン
      1. 『望みのときに』
      2. 「回帰」
      3. 不可解な形象(フィギール)
      4. 「彼女(elle)」たち
       4-1. 具体物
       4-2. 抽象物
      5. 立っていること
      6. 演劇性と貧しさ
      7. 「際立った雲」──撞着誤報としての形象(フィギール)
      8. 疲労の語り/語りの疲労──「終わりなき対話」
      9. なぜ疲れているのか=何があったのか
      10. 間にある会話(entretien)──二つでなく三つあること
      11. 「彼女たち」と奇妙な関係
      12. 友愛──疲労の共有
      13. 疲労/語り
     第二章 彼女の名、この不気味な驚異──命名行為とイメージ
      0. はじめに
      1. 不可能な形象(フィギュール)「ジュディット」
      2. 花から女へ、女から花へ──ヘーゲルからマラルメへ
       2-1. 言葉による殺害──花から女へ
       2-2. 言葉による深淵──猫から「猫」へ
       2-3. 弔いの花
      3. 名前、形象(フィギュール)、「ジュディット」
      4. 文学言語と神の形象──『至高者』
       4-1. 最後の「小説(ロマン)」、『至高者』
       4-2. 名前の不安
       4-3. 神の謙虚さ=神の名前
       4-4. タイトルの不安
       4-5. 引用としての語り
       4-6. 文学言語としての「至高者」アンリ・ソルジュ
      5. 神、あるいは、言語の不治の治癒
      6. 幻の女の回帰(revenante)
     第三章 「詩的イメージ」に抗して──バシュラールとブランショ
      0. はじめに
      1. 「詩的イメージ」?
      2. バシュラールの読者、ブランショ
      3. 「夜のように広々とした」(1)──「単純な読者」とは?
      4. 「夜のように広々とした」(2)──詩の「構成=共置(composition)」
      5. 「夜のように広々とした」(3)「comme」としての詩
      6. 「かのように(comme si)」としての詩
     第四章 「言語のショート・サーキット」としての詩のイメージ──ブランショにおけるマラルメ・ヴァレリー・ポーラン
      0. はじめに
      1. マラルメとポーラン、分割と橋
      2. 言語の「虚構」あるいは「マラルメの神話」──「近道で」垣間見られる潜在的言語
      3. 「滋賀存在するとすれば、それは、言語が理解の道具だからである」──言語二分割の問い直し
      4. 〈紙幣=言語〉の解釈をめぐって
       4-1. 詩的言語と日常言語の対立──ヴァレリー
       4-2. 「詩が存在するとすれば、それは、言語が理解の道具だからである」──ブランショ
      5. マラルメとポーランがである場所──「言語のショート・サーキット」
     第五章 形象化のパッション──ブランショにおけるアブラハム
      0. はじめに
      1. 「雄羊になること」
      2. 「雄羊のイメージ」あるいは「ジュディット」
      3. カフカのアブラハム、あるいは「召されずにやって来るアブラハム!」
      4. 「永遠のアブラハムの問題」
      5. 形象化への焦燥(アンバシアンス)
      6. 結論──形象化のパッション

    結論 文学にイメージが「ある(イリヤ)」というこの「驚異」
      1. アルス・ノヴァ
      2. 驚異的なもの(メルヴェイユー)

    あとがき
    人名索引/註/参考文献

    *****

  • 【目次】

    序論──文学にイメージは「ある」か
     1. 「語ることは見ることではない」
     2. 見ることではなく、イメージに触れること
     3. 本書の意義
     4. 本書の構成

    第一部 遺骸としてのイメージ
     第一章 イメージとしての不気味さ──「遺骸的類似」と「美術館病」
      0. はじめに
      1. 「遺骸的類似」
        1-1. イメージによる想像と解体
        1-2. 魔術的なもの──夢のなかで
        1-3. 『ロンドンの夜』──群衆、日常的なもの
        1-4. 美術館の病
      2. 〈美術館〉としての芸術作品──ブランショのマルロー論をめぐって
        2-1. ブランショの〈美術館〉論
        2-2. アナクロニスム(1)マルロー──反美術史としての「想像の美術館」
        2-3. 〈美術館〉批判者たち──「美術館病」に罹った人々
        2-4. アナクロニスム(2)ブランショ──〈美術館〉としての芸術作品
        2-5. 結論──「芸術の自律」とアナクロニスム
     第二章 イメージの「イリヤ」
      0. はじめに
      1. 「現実とその影」をどう読むか
      2. 感覚のなかでの踏み逢い
      3. 彼岸への離脱
      4. 根源的な受動性──音楽としてのイメージ
      5. ブランショの「イリヤ」──サルトルとレヴィナスの後に
      6. 根源的ミメーシス──絵画としてのイメージ
      7. 盲目的視覚の魅惑
      8. 偶像の時間──彫像としてのイメージとイメージの禁止
      9. イメージの両義性と離脱という介入
     第三章 イメージの「イリヤ」あるいはカトリーヌ・レスコーの脚
      1. 原光景?
      2. フレンホーフェル=オルフェウス
      3. 作品の運命
      4. 何もないのではなく何ものかがある(イリヤ)
      5. カトリーヌ・レスコーの足

    第二部 言語の不可能な形象(フィギュール)としてのイメージ
     第一章 ボロソボンとしての形象(フィギィール)──物語とイメージ
      0. はじめに──ブロソボン
      1. 『望みのときに』
      2. 「回帰」
      3. 不可解な形象(フィギール)
      4. 「彼女(elle)」たち
       4-1. 具体物
       4-2. 抽象物
      5. 立っていること
      6. 演劇性と貧しさ
      7. 「際立った雲」──撞着誤報としての形象(フィギール)
      8. 疲労の語り/語りの疲労──「終わりなき対話」
      9. なぜ疲れているのか=何があったのか
      10. 間にある会話(entretien)──二つでなく三つあること
      11. 「彼女たち」と奇妙な関係
      12. 友愛──疲労の共有
      13. 疲労/語り
     第二章 彼女の名、この不気味な驚異──命名行為とイメージ
      0. はじめに
      1. 不可能な形象(フィギュール)「ジュディット」
      2. 花から女へ、女から花へ──ヘーゲルからマラルメへ
       2-1. 言葉による殺害──花から女へ
       2-2. 言葉による深淵──猫から「猫」へ
       2-3. 弔いの花
      3. 名前、形象(フィギュール)、「ジュディット」
      4. 文学言語と神の形象──『至高者』
       4-1. 最後の「小説(ロマン)」、『至高者』
       4-2. 名前の不安
       4-3. 神の謙虚さ=神の名前
       4-4. タイトルの不安
       4-5. 引用としての語り
       4-6. 文学言語としての「至高者」アンリ・ソルジュ
      5. 神、あるいは、言語の不治の治癒
      6. 幻の女の回帰(revenante)
     第三章 「詩的イメージ」に抗して──バシュラールとブランショ
      0. はじめに
      1. 「詩的イメージ」?
      2. バシュラールの読者、ブランショ
      3. 「夜のように広々とした」(1)──「単純な読者」とは?
      4. 「夜のように広々とした」(2)──詩の「構成=共置(composition)」
      5. 「夜のように広々とした」(3)「comme」としての詩
      6. 「かのように(comme si)」としての詩
     第四章 「言語のショート・サーキット」としての詩のイメージ──ブランショにおけるマラルメ・ヴァレリー・ポーラン
      0. はじめに
      1. マラルメとポーラン、分割と橋
      2. 言語の「虚構」あるいは「マラルメの神話」──「近道で」垣間見られる潜在的言語
      3. 「滋賀存在するとすれば、それは、言語が理解の道具だからである」──言語二分割の問い直し
      4. 〈紙幣=言語〉の解釈をめぐって
       4-1. 詩的言語と日常言語の対立──ヴァレリー
       4-2. 「詩が存在するとすれば、それは、言語が理解の道具だからである」──ブランショ
      5. マラルメとポーランがである場所──「言語のショート・サーキット」
     第五章 形象化のパッション──ブランショにおけるアブラハム
      0. はじめに
      1. 「雄羊になること」
      2. 「雄羊のイメージ」あるいは「ジュディット」
      3. カフカのアブラハム、あるいは「召されずにやって来るアブラハム!」
      4. 「永遠のアブラハムの問題」
      5. 形象化への焦燥(アンバシアンス)
      6. 結論──形象化のパッション

    結論 文学にイメージが「ある(イリヤ)」というこの「驚異」
      1. アルス・ノヴァ
      2. 驚異的なもの(メルヴェイユー)

    あとがき
    人名索引/註/参考文献

    *****

全2件中 1 - 2件を表示

郷原佳以の作品

ツイートする