青春と変態

著者 :
  • ABC出版
4.00
  • (7)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903539034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 男子高校生によるスキー合宿4日間の日記。

    顧問同士の仲がいいということで、県内の女子高と一緒に行うスキー部合宿。男女の甘酸っぱい思春期が混ざり合って、間違いなく青春。
    しかし、語り手である会田君には誰にも言えない趣味がある。彼の大好きな行為、それはトイレ覗き。彼は変態だ。

    輝かしい青春と暗い変態が同時に描かれていて唯一無二の読了感を得られる作品。
    排泄の描写は完全に変態そのもの。覗き行為や性行為、自分の感情を客観的に描写する場面が多く、変態が身近に感じられた。

    誰にも知られることなく、暗く汚いトイレの床に顔を押し付けて、悟りを開く会田君だったが、恋愛感情が芽生え、覗きをやめようと決意する。
    好きになった女の子もどうやら自分のことが好きみたい(好きになった子の排泄も覗き済)で、ほかの部員も付き合ったり別れたりし始め、青春は加速していく。
    彼は暗い変態を捨て、輝かしい青春のステージへ上がろうとする。

    でもやっぱり彼は覗きがやめらない。


    この作品の面白さは異常。4年ぶりくらいに読んだけど、気持ちいい後味の悪さはしっかり覚えていた。
    ただの変態小説じゃない、100%の失恋小説。

  •  グロテスクな描写といい、恐らくこれは、同じじゃなくともかなり体験に基づくものを取り入れている気がする。


     その上で、なんか妙に共感してしまうところが多かった。

     いや、私は覗き趣味はありませんけどね。


     妙に観察眼的に性器を見る感覚だとか(そんな機会なかったが)

     自分にセックスなんてできるのだろうかと思ったりとか、


     語らないがゆえに神秘的に捉えられるが、俗にまみれた人間だという後ろめたさのようなものがあったりとか、


     「信用のおける相談役」だと思われるが、その実、自分のことを、一番相談しちゃいけない人間だと自覚しているところとか、

     失恋した瞬間だが、別の思考回路を働かせて、持ち前のポーカーフェイスを活かしてものすごく冷静に振舞うところとか、


     性体験に関することとか…なんか、自分の「わたし、変?」みたいなところをぐっさぐさ突き刺してくるみたいで、面白おかしく読んでる反面、ものすごく痛い気持ちになった。



     「僕は性的に変態でインポだけならまだしも、精神的にも恋愛にインポなんじゃないか?もっと極端に言えば、僕には心や感情なんてほんとうの意味であるんだろうか。
      ただ自分でも面白いのは、さっきから胃だけがキリキリと痛むことだった。時たま耐えられないくらいの痛みが走る。そういう時僕は顔を歪ませながらも、何か暖かいものを感じて、腹の底から笑いが込み上げてくる。胃だけが失恋の痛みを味わっている。僕の真心は胃だけに残っているようだ、そう思って。頭も心も、よくわからないけれど何か近代的な不感症で嘘つきな毒素に犯されきっている。その中で、体にだけ太古からの敏感な誠実さが残っている、そんな図式が頭に浮かんだ。僕は今後どんなことが自分の身に降り掛かっても、最後まで気が狂うことだけはできないだろう、と今確信している。父親が一度罹ったから、僕は胃潰瘍のことはよく知っている。きっと頭は正常なまま、胃袋にだけ穴が空いてゆくのだ。たぶん根性の腐ったミーハーには、そういうくだらない末路しかのこされていないのだ。」


     という言葉が胸に刺さりました。

     もう少し考えて言葉を書きたい。

    追記:
     わたしは、人を好きになることができているのだろうか、という疑問を、自身に投げかけてみる。

     今、彼氏がいる。彼の優しさに甘えながら、差し出される温かいものを、ずうずうしくも受け止めながら、私自身は、彼に何かを差し出しているのかと問われると、「いえ、まったく。」という答え方しかできない。

     たまたま私のそばに彼がいて、わたしはたまたま、彼のそばにいる。私が言えるのは、それだけだ。

     精神的にもインポ。わたしは、そういう類の人間なのかもしれない。もしくは、そう思いたい自分がいるのかもしれない。なぜ思いたいのかは、まだよくわかっていない。アーティストってやつを、気取りたいのかもしれない。だが、それが図らずもうまくできないのは、事実だ。

     ※ここから書くことは、下ネタと変わりません。個人的な性思考です。読みたくない人は読まないべき。

     最近読んだ本のレビューに、「わたしは、男が性欲のままに振舞うのを見るのが好き。」と書いた。

     多分わたしは、自分が「もの」になった感覚だから、そう思うのだと思う。

     見かけとは裏腹に、わたしはもんのすごい淡白な人間で、別にエッチなんてしなくたって、いいわ、と思っている。過去そのような関係になった人はまぁ人並みにいたわけですが、一様にそのように思っていた。

     ただ、その時々の相手が望むので、応えていた、という感じ。

     男にとっちゃ知りたくない事実でしょうが、わたしは、相手に体を預けながら、心は別のところにいて、その時間を、第三者が冷酷に観察しているような状態にある。

     そんな自分が、「性的に変体インポ」と「精神的に恋愛にインポ」の言葉に集約されてる気がして、痛いとこ突かれたわ、という気分になった。


     体が、痛みや快楽に反応しながらも、神視点的第三者の自分が、その状態を、冷やかに実況中継している感覚。

     わたしは、何かを怖れているんだろうか。
     徹底的に傍観者であろうとしている無意識の行動が、自分の体内にまで染み付き、蝕んでいる。

     近代的な不感症で嘘つきな毒素、という言葉の感覚に似ているかもしれない。

     男のEDの感覚なんて、分かったもんじゃないですけど、傍観者の自分が、体の反応を味わおうとしない限り、わたしは女でありながらEDであり続けるのだと、

     宣告された気がしたのが、とても痛かったのだと、今のところの納得。

     さて、それが分かったところで、わたしはどう生きなきゃならんのか。

     

      

  • 小説も書けるとか多才すぎる。

  • 青春なんてみんな変態で、異性の性器を追い求めるだけの枯れながらも潤った時代なんだよ。だからロリコンだってSMだって熟女だって別にいいじゃない。

  • 単なる変態小説ではなかった。
    読後感さわやか

  • えり*さわやかド変態物語。文章がユーモアたっぷりでひきこまれます。

  • これが本棚に入っていることを親に知られたくない笑
    でも面白くがっつり読んでしまった。
    読んでしまった自分に、女の子として何か足りない気がする。
    装丁・・・

  • 泣ける切ない変態の初恋の話。
    10代に薦めたいような、薦めたくないような…

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

会田誠(あいだ まこと)
1965年、新潟県生まれの現代美術家。東京芸術大学油画専攻卒業、東京芸術大学大学院美術研究科修了。美術史への深い造詣をもとに、生と死、エログロ、ロリコン、戦争、暴力など、社会通念や道徳に関わる現代的テーマに取り組み、問題提起的な作品を次々と発表している。展示や発言に関するトラブルもあるが、海外でも評価を受ける機会は増えており、日本を代表する現代芸術家の一人とされる。
著作・写真集も多い。代表作に『青春と変態』、『孤独な惑星』、『MONUMENT FOR NOTHING』など。

会田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
村上 春樹
村上 春樹
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×