かおノート (WORK×CREATEシリーズ)

制作 : tupera tupera 
  • コクヨ株式会社
4.21
  • (21)
  • (11)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 149
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903584553

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっと早くこの本の存在を知っていればよかった。
    シールが何度も使えればなおよい。

  • 実際に使えるようになってくるのは3~4歳くらいからでしょうか。

    面白さが分かってくるのは、もう少し後かもしれません。

    もっとシールがなんども使えるといいのになぁ、と思うのですが、価格もそんなに高いわけではないので、2冊目を買っています。。

  • 1歳(もうすぐ2歳)にはちょっと早かった。。。これはという名作は未だ生まれてません。。。

  • 2012年末の帰省で、新幹線2時間半乗りっぱなしなのでこれで遊んでくれないかなーと思い購入。

    2歳2ヶ月の時(2012年末)はあんまり遊んでくれなかった。
    2歳10ヶ月で、ほかのシール絵本にはまっていたので、再び出してみたら、貼りまくる貼りまくる。顔のパーツの概念が頭に入ってるのと、シールを貼る手先の器用さが身に付いたからかなあ。

  • こどもができたら絶対買って一緒に遊びたかった本。
    どんな反応をしてくれるか楽しみです

  • 空き缶とかたわし、色々な物に目や鼻のシールを貼って
    変な顔を作っていくノート。
    親戚の子どもにさせたら楽しんでやってました。

  • 親子参加型絵本.
    シールだけでなく色々と自分で書きこむとなお楽しい.

  • 店頭で何気なく見かけて、
    シールペタペタ貼るだけだし、面白そうと思って
    二人に渡したら…も〜う、完全にツボにハマりまくりで、
    いろんな顔を作ってはゲラゲラ、互いにツッコミをいれつつ
    楽しんでいました。
    いやー、中には予想もしない傑作(?)を作ってみせて
    くれたりもして。子供の創造力ってすごいなーと
    思いましたね!

  • こどもと一緒に遊びたい1冊。

  • tuperatuperaデザインによるコクヨの絵本プロジェクト第一弾。
    アートと遊び要素を絵本で実現したユニークな絵本。
    コラージュ的なテイストの福笑い遊びが出来て、子供と一緒に作って楽しめる。

    ポータビリティと価格を重視してか、サイズが小さくて作りは若干チープ。ハードなカバーでサイズの大きな永久保存版があっていいと感じた。

  • 夢中で面白い顔を作ってしまいます。ユーモアや創造力が身につきそうな絵本です。

  • 忘れた頃に出してくると、夢中で創作する本。
    むすこたちのものですが、私がやりたくて仕方がない!

    すごいかっこいいのが出来たりして、嬉しくなる。
    こどもっていいな〜

    ハナ垂れてるのは 毎回のお決まりパターン。

  • シールでぺたぺた貼って色んな顔を好きなように作ることができる本です。

  • いろんな顔が作れる。たのしーい。まさに「アートなふくわらい」です。

全19件中 1 - 19件を表示

著者プロフィール

亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やアートの分野で幅広く活動中。主な絵本に『かおノート』『しろくまのパンツ』(日本絵本賞)『パンダせんとう』(けんぶち絵本の里大賞、リブロ絵本大賞 大賞)など。2019年、やなせたかし文化大賞大賞受賞。翻訳は本書で2冊め。

「2019年 『ほら、ここにいるよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かおノート (WORK×CREATEシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする