クコツキイの症例〈上〉―ある医師の家族の物語 (群像社ライブラリー)

制作 : 日下部 陽介 
  • 群像社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903619422

作品紹介・あらすじ

古くからの医師の家系に生まれ産婦人科医となったパーヴェル・クコツキイが結婚の相手に選んだのは疎開先の病院で手術をした患者のエレーナだった。エレーナを娘のターニャと共に家族としてむかえたパーヴェルは、堕胎が違法だったソ連で女性を救う中絶手術に賛成で、いつ逮捕されるか分からなかった。夫婦の関係は少しずつゆがんでいき、思春期に入ったターニャは冷徹な科学の世界に反発して家を出ていく…。恐怖政治といわれたスターリン時代を背景に、いくつもの傷をもつひとつの家族が人間の生と死の問題をつきつけられる。女性作家ではじめてロシア・ブッカー賞を受賞した話題の長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上流階級のエリート産婦人科医パーヴェルと美しい母エレーナとお手伝いのワシリーサ。3人のそれぞれの全く違う生い立ちがロシア革命から戦争の時代に翻弄されつつ丁寧に描かれている。パーヴェルの不思議な力や第二部のエレーナのノートが超越していて楽しい。一見唐突な感じですがエレーナのその話は下巻にもつながっていますよ。

  • 「通訳ダニエル・シュタイン」「女が嘘をつくとき」と新潮クレスト・ブックスだったけど、今回は群像社から

    群像社のPR
    「古くからの医師の家系に生まれ産婦人科医となったパーヴェル・クコツキイが結婚の相手に選んだのは疎開先の病院で手術をした患者のエレーナだった。エレーナを娘のターニャと共に家族としてむかえたパーヴェルは、堕胎が違法だったソ連で女性を救う中絶手術に賛成で、いつ逮捕されるか分からなかった。夫婦の関係は少しずつゆがんでいき、思春期に入ったターニャは冷徹な科学の世界に反発して家を出ていく…。(下巻につづく)

    恐怖政治といわれたスターリン時代を背景に、いくつもの傷をもつひとつの家族が人間の生と死の問題をつきつけられる。女性で初めてロシア・ブッカー賞を受賞した作家の長編。 」

全2件中 1 - 2件を表示

リュドミラ・ウリツカヤの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダニイル ハルム...
ジョン アーヴィ...
富岡 多惠子
スーザン・ソンタ...
ミハル・アイヴァ...
アレハンドロ サ...
閻 連科
ロベルト ボラー...
リチャード ブロ...
イレーヌ ネミロ...
ジョン アーヴィ...
ポール オースタ...
ジャック・ケルア...
伊藤 計劃
ル・クレジオ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする