ドイツゲームでしょう! -四大ゲーム賞受賞作 全66タイトル-

著者 :
  • グランペール
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903746043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わたしがボードゲームを始めたきっかけは、グループSNEのWebサイトでのボードゲームの紹介と安田 均の「安田均のボードゲーム大好き!」です。

    でも、今にして思うと、あれらはやっぱり、かなりコアであったなぁと……。

    TRPGという楽しいゲームが前提としてあって、グループSNEのやっていることはなんか楽しそうだぞという信用の上で

    「やってみたい!」

    と感じさせるものでした。

    その後、「ボードゲーム天国」や、「ボードゲームキングダム」が出たりといろいろあって、この「ドイツゲームでしょう!」です。

    「ボードゲーム大好き!」は、6つのゲームのルールを中心に説明されています。ルールとシステムが中心。

    「1つのゲームに、こんなにルールがあって憶えなきゃいけないのかよ!!」

    とワクワクしながらも、ビックリしました。*1
    遊んでから読み返すと、とってもよくわかるのですが、遊んでいないとイメージがわかない。
    あと、1番力を入れて紹介しているゲームは、「カタン」ということで、やっぱり、ちょっとゲーマーよりかなぁという感じです。

    「ボードゲーム天国」や、「ボードゲームキングダム」は、写真いっぱいで、ものすごくイメージ広がるのですが、どれからやったらいいんでしょうという感じがどうしてもあります。

    「ドイツゲームでしょう!」は、ドイツ年間ゲーム大賞、ドイツ年間キッズゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルト・カードゲーム賞と4つのゲーム賞ごとに分けて年代順に紹介されています。
    こうやって、各ゲーム賞ごとに、年代順に並んでいると、なんとなく、ゲームがどんな風に変化してきたのかがわかって楽しいです。
    紹介は、各ゲーム見開きの2ページということで、ルールではなくて遊んでいる雰囲気を伝えるようになっています。

    ボードゲームを始めるときに、やっぱりすごいオススメなのは、ドイツ年間ゲーム大賞のゲームなのかなぁと思います。
    それを遊んでみて、もっと重いゲームが遊びたければ、ドイツゲーム賞のゲームに進んでいったらいいのかなぁ。その頃には、ゲーム会なんかにも顔をだして、新しいゲームで遊ぶのに夢中になっているかもしれないのですが(笑)
    そして、ドイツ年間ゲーム大賞のゲームが、これほどストレートに紹介されている本というのは、今まで読んだことなかったので、よかったです。

    この本のゲーム、片っ端から遊ぶというのは、楽しそうだ。初心者じゃない人のナビつきで。

    もっとも、ドイツ年間ゲーム大賞のなかにも、「カタン」や、「エルグランデ」なんていう重いゲームもあるんですけどね。

    昔は、「アメン・ラー」とか、ドイツゲーム賞に入る重いゲームは、頭がグルグルして苦手でしたが、最近は、「サンクトペテルブルグ」も、「ケイラス」も、「大聖堂」も、面白いと思います。
    これは、わたしがだんだんとゲーマー化しているからかもしれません。

    だから本当は、いつ何に出会うかというのは、本当に運命みたいなものが働いているのだと思いますが。
    ドイツゲームとの出会いが、知らない人にとって楽しい出会いであるといいなぁと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ボードゲームジャーナリスト。国内最大のボードゲーム情報サイト「Table Games in the World」でニュースやレビューを発信する。著書に『ボードゲームワールド』(スモール出版)、『ドイツゲームでしょう!』(グランペール)があるほか、専門誌、雑誌、新聞などでの執筆も多数。ボードゲームのマニュアルの翻訳も多く手がけている。

「2018年 『ボードゲーム デザイナー ガイドブック 〜ボードゲーム デザイナーを目指す人への実践的なアドバイス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野卓也の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ドイツゲームでしょう! -四大ゲーム賞受賞作 全66タイトル-を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする