高校生レストランの奇跡

著者 :
  • 伊勢新聞社
4.18
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903816210

作品紹介・あらすじ

連続ドラマのモデルになった高校生レストラン「まごの店」。営業日は、常に満席・即完売の大盛況!しかし、設立までの道のりは困難の連続だった。前例のない町おこしの事業に全力でぶつかっていく。噂の役場職員の奮闘記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 318.256 キ 登録番号9531

  • 著者のイベントに参加してファンになり、
    そのまま購入して、サインをいただく。

    高校生レストランを作っちゃうような人って、
    しかけ好きのやり手のお兄さん・おじさんでしょ?
    なぁんて誤解を抱いていたのは私だけ?
    とてもやさしいオーラを放つ公務員のおじ様ではないですかー

    講演中も、聴衆一人一人と向き合ってよく観察しながら話すので、
    わからなさそうな人がいれば、もっと詳しく話して具体化してくれる。

    本の中にも、そんな素敵な人柄が溢れていて、
    とても読みやすい文体で、すーっと読み進める。
    そして、何だか内側から元気が湧き出してくる。

    社会起業とかそうしたビジネス目線の人はもちろん、
    公務員や教育系の方が読んで、一旗揚げてほしい一冊。

  • 人の役に立つ仕事をする。
    そのためにあらゆるしかけをする。
    超アクティブで前向きな町役場職員である岸川さんに魅力を感じた。

  • 閲覧室  318.256||キシ

  • こんなレストランあったら素敵やなぁー
    私もやりたくなりました、町おこしを。笑

  • テレビドラマ化もされた高校生レストラン。それを仕掛けた町役場職員の素顔とは?とにかく一度やると決めてからの推進力がすごい。そして常に前向き。根底にあるのは「人の役に立つ事が出来ると嬉しい。」というシンプルな気持ち。無い物ねだりをせず、有るものを活かす。少子化対策、産業振興に悩む地方経済を活性化する事が巡りめぐって日本全体を元気にする。大いに刺激を受けた。

  • 請求記号:673.9/Kis 所蔵ID:50061941
    配架場所:図書館入口横 め・く~る(ベストセラー)
    貸出期間:2週間(学部生のみ・延長不可)

  • 三重県にある高校生が営業する「まごの店」の仕掛け人の顔とは。
    まちおこしにかけた情熱。
    PBの船で出会った人に似てる…、人のために行動を起こそうとするその心意気。
    人と出会いネットワークを広げ、ないものねだりをせず、あるもので作り上げる手作り感。
    『楽しみの先取りはするな。今やるべきことを一生懸命やりなさい。屋のしいこと、楽な方に流されてはいかん』
    この言葉に胸を打たれた。
    いつか、『まごの店』に足を運んでみたい!

  • 仕事に対する熱意が伝わってきた。また、人とのつながりは大切だなと。

  • 県立図書館。

    「まごの店」仕掛け人・・・町職員。

全12件中 1 - 10件を表示
ツイートする