覚醒の炎―プンジャジの教え

著者 :
  • ナチュラルスピリット
4.63
  • (19)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903821122

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • パパジの言葉は、帰依者を”真我”に導く力を持っている。YouTubeで「パパジ」と検索すると動画を見ることができます。人柄や笑顔を感じて読書すると、この本は更にいい味が出てきます。

  • ラジニーシが亡くなった後、「悟り」を求めて彼のもとへ弟子たちが殺到したとか。確かに魅力的な語り口。彼はラジニーシとは違って教団化の誤りは犯さなかったようだ。

  • ガンガジの著書『ポケットの中のダイヤモンド』と同様、スピリチュアルや宗教的な修行の限界に気づける本。

    プンジャジはラマナ・マハルシの弟子であり、ガンガジやムージの師。

    上級者向け。

  • 『覚醒の炎―プンジャジの教え』はじめにの部分をまとめました。
    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=2174

  • 本当の自分を知るためには、ヨガや瞑想などの修練は必要ないとプンジャジは言う。ただ「私は誰か?」と五分間だけでも真剣に問い続けることで可能だと。確かにそう思う。今ここにしか答えはない。

  • ラマナ・マハルシの本より先に読んでしまいました。

    プンジャジ(パパジ)の言い回し、語りは、本当に素晴らしい。
    彼は言葉の使い方の重要性を認めていたのでしょう。
    彼はあらゆる表現で、真我への道を示しています。

    パパジの”深い愛情”が感じられる本です。

  • 「ラマナ・マハルシの直弟子、パパジの名で愛されたプンジャジの対話録」
    あなたはすでに『それ』なのだ。
    修練をして真我になるのではない。修練をするのは自我でしかない。努力を棄てなさい。
    あるがままに在りなさい。一つの想念も起こさずに、ただ静かにしていなさい。
    そうすれば、世界の現れも真理の探究もすべては自分の心の投影でしかなく、束縛も、
    解脱も、解脱を求める人も存在しないという究極の真理にあなたは目覚めるだろう。

  • いま、読んでいる途中です。止まっています。

  • 禅問答のような不思議な作品。何度も読んで教えを実践するのにいいかも。

全9件中 1 - 9件を表示

福間巖の作品

覚醒の炎―プンジャジの教えを本棚に登録しているひと

ツイートする
×