編集者魂

著者 :
  • 青志社
3.67
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903853444

作品紹介・あらすじ

芥川賞・直木賞作家を最も多く育ていくつもの名作、話題作を世に送った元文藝春秋の編集者が初めて明かす作家の素顔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が文藝春秋社の社員として、一編集者として関わりをもった作家たちの素顔が綴られる。

  • 長年、文藝春秋社の編集者として、多くの作家と交流し、共に文学作品を作り上げたことの自負を描く。

    作家の表現は時として、独りよがりだったり、自信がなかったりする。それを叱咤激励し、わかりやすくして、世に送り出す。それが編集者の責任。もちろん、作家への敬意は忘れない。作家と編集者との関係とは、漫才のボケとツッコミのようなものに思えた。

  • 三田文学2009年冬より

    国文学2009年2月号書評より

全3件中 1 - 3件を表示

高橋一清の作品

編集者魂を本棚に登録しているひと

ツイートする