人生を変える朝活!

著者 :
  • 青志社
3.16
  • (2)
  • (9)
  • (19)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903853604

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 早起きするといいことがいっぱいあるよ、という本。朝は電車も空いてるし、頭の回転も速くて何をするにも効率が良い、朝のミーティングがオススメ、朝食もリーズナブル、朝から充実していると自信もついて人生も充実する、という感じ。具体的に早起きする秘訣がもっと欲しかったかな。。
    朝起きるのを楽しみにするために、自分で何か工夫してみようとおもいます。

  • 【No.257】「成り行きで寝る時間になるのではなく、寝る時間を決めるという心構えこそが、規則正しい生活を実現する」「束縛と制限が人を成長させる。”なんとかこの時間内でできないだろうか””この条件下で出来ないだろうか”と考えることにより、仕事や勉強の効率は飛躍的にアップしていく」「社外の人との飲み会は、自分自身を試す場。自分自身の充実度が試される場」

  • 勢いよく書かれてるなという印象。朝活に興味があるので読みました。こんな生活送りたいです。

  • 数年前から流行っていた【朝活】。朝より夜が強い私には苦手なライフスタイルだけに、興味は持っても、別世界だと思ってました。
    リクルート出身の夜中まで働き続けた著者、常見さんも夜型の象徴が、今や、朝活本を書くという意外性に引き込まれて読みました。
    朝活の良さを解説してくれます。
    時間管理が変わることは、偉大なんですね。

  • 著者のことは、lifeで知った。

    いつも、ロック魂で番組を散らかす著者が、さすがに書籍ということもあり落ち着いた口調で話していた。

    lifeの常見さんも好きだけど、書籍の中の常見さんも一味違って面白い。

    残業の鬼からライフワークバランスを考えたスタイルへ。
    朝活を勧める自己啓発本に要求されるモチベーションアップ効果は果たしている。

    もともと、朝型の自分にとっては特別目からウロコな情報はなかったが、蛙の話は使えそうだと思った。

  • 朝活。
    素晴らしい。
    人生のターニングポイントとなるだろう引っ越しが落ち着いた頃には考えてみようと思った。

  • 最近朝活を始めたいと思い、読んでみました。確かに実際始めてみて起きる時がとても爽やかな気持ちになり、自分は何でもできる気分になります。
    確かに企業も朝活を取り入れれば、業績変わると思います、本気で。
    論より証拠!本を読んでまず実戦するのがいいです(*´∇`*)

  • 朝活の素晴らしさについては分かったよ.やり方をもっと書いてくれ.

  • 2011/09/23読了

    常見さんの本は結構気になってました。というのも、大学の講演会にて直々に色んな話を聴いたので。
    作家さんから話を聞くと、その著書も網羅したいという気になりまして。
    あと、遅寝遅起生活もどうにかしなくちゃなぁと思っていたし。
    良作ですよー。耳に痛いくらいに、色々と書いております…。
    朝には確かにデメリットは少なく、三文以上のお得がたくさんある。
    朝にものすごい弱い私だけど、頑張ってみようと思いました…。
    まず早く寝ることが出来るかどうかだけどな!
    朝の空気って美味しいよね!散歩もきっと気持ちいい。

    とりあえず、効率的な毎日のために朝がんばろーと思う。

  • 朝型の生活に憧れる。本書を読んで、やる気が出た。あとは実践するかどうか。がんばるぞ!

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

千葉商科大学国際教養学部専任講師、働き方評論家。1児の父。1974年札幌市出身。一橋大学商学部卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。リクルート、バンダイ、クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て2015年4月より現職。著書『僕たちはガンダムのジムである』『「就活」と日本社会』『なぜ、残業はなくならないのか』『社畜上等! 会社で楽しく生きるには』ほか。『現代用語の基礎知識』「働き方事情」の項目を執筆中。

「2019年 『僕たちは育児のモヤモヤをもっと語っていいと思う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

常見陽平の作品

人生を変える朝活!を本棚に登録しているひと

ツイートする
×