イチロー論 一流とはなにかプロフェッショナルとはなにか

著者 :
  • 青志社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903853703

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一流は一日にしてならず、というより、一日、一瞬の過ごし方が大切。これだけ、徹底すると、疲れるだろうなと凡人は思うわけで。
    でも、この本の題名には不満だ。売るためにイチローの名前を使っただけで、あれだけ自分を表に出すなら張本論で良いんじゃないかい。
    売り上げ落ちるだろうけど、プライドの問題だな。

  • まずは、読めて良かった。
    話は野球の事が沢山あったが僕はイチローの話が目に入った。
    イチローは日本中、いや世界中が知る天才バッターだ。
    イチローはイチローなりに目標を作ってきた。
    イチローは9年連続200本安打というものすごい記録をつくった。
    だが、イチローは首位打者になったことは2年しかない。
    なぜかというとイチローは首位打者より安打王を目指しているからだ。安打王になれば、打率もついてくる。
    イチローはそう考えている。
    私はこの本から考えかたを学びました。

  • 【No.109】「自分と他人を比較しているうちは、一流ではない」「努力を切り札にするのは間違い。プロであれば当然のことで、口外すべきことではない」「努力していることを評価して欲しい、というのは甘えにすぎない。評価すべきは、”努力”ではなく”結果”」

  • 内容は「マル」なのになぁ・・・本の題名がね・・・「イチロー」ってつける必要があったのか?確かにイチローのことは書かれてはいるが・・・「ハリ論」じゃぁ売れないから?もったいない本だ。しつこいけど内容は「マル」おすすめ!

  • おもしろかった。二人の天才が比べられてとても満足。

全6件中 1 - 6件を表示

張本勲の作品

イチロー論 一流とはなにかプロフェッショナルとはなにかを本棚に登録しているひと

ツイートする