稼げる 超ソーシャルフィルタリング

著者 :
  • 青志社
3.02
  • (21)
  • (51)
  • (118)
  • (55)
  • (17)
本棚登録 : 792
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903853871

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メールと、メーリングリストを使うことで仕事はどこまでも効率的になる、
    ライブドアでの業務運用のスタイルから、今後のPCを使った業務の便利さや運用時の注意点まで具体的に言及している。

  • 2013年の今、この内容はほぼどの会社でもやっている事だと思う。MLをつかって効率性を上げることなど。でも、2010年のことだしやっぱり2−3年先のことをよく先読みできてるなと思う。情報量の収集、そして、そこからの未来を見る推察力がすごいと思う。

  • TwitterとGmailは既に使っているが、着眼点が同じなので、使い方を確認できたというレベル。
    メーリングリストは使ったこと無いので、活用してみたいと思ったが社内のプロジェクトに外部のMLとか使うのは情報漏洩リスクもあり厳しそう。

    2012.1.22-23
    図書館

  • twitter,gmail,メーリングリストを積極的に使おうという啓蒙書。

  • 内容はソーシャルフィルタリングとGmailの便利さについて。目新しいものは特になかった。
    しかしGmailのショートカットは便利ですね。

  • ホリエモンの本は基本的にとても読みやすい。

  • 20110916

  • 今更ながらだが、Gmailのショートカットキーがたくさんあることに驚いた。
    アイデアやメモをすぐに自分のGmailアドレスに送ったり、毎日のように使ってはいたが、キーボードだけで、もっと素早く処理できるなるはずである。
    買い物メモなどのような、少しの間だけ残しておくようなものは、下書き保存フォルダに入れておけば、ちょっとしたテキストエディタになる。
    その他、skype、twitter、インスタントメッセージ、RSSなど使いこなせれば、稼げるかどうかは別として、無駄のない情報管理ができるに違いない。

  • 優良な情報を提供してくれる人をフォローして上質な情報を入手するという趣旨の本。

    こういうやり方自体は自分の興味に合うブログを購読するのと同じ。

    特に目新しい訳でもないし方法論としては以前からあったが、それを書籍としてまとめてかつホリエモンの仕事術として一冊の本にしている。

  • 「この仕事術を手に入れた人は、他人より数年は先を行くことができるだろう。」それなら現実は半年ももたなかったということ?2010年3月の本。でもむしろ古ささえ感じさせるような内容。

全103件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀江貴文の作品

ツイートする