謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦

  • ミシマ社
3.78
  • (75)
  • (96)
  • (109)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 628
レビュー : 117
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908052

作品紹介・あらすじ

バイマ、プレスブログ、フィルモ・・・
「世界初」のサービスを連発する最注目ベンチャー、ついに初の著書を刊行!
これからのITビジネスの行方までもが見えてくる、感動と興奮の起業物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「リスクははやいうちにとったほうがいい。取り返せないものが増えないように」

    実感はしていないが、長いスパンでキャリアを考えたときに、若ければ若いほどリスクをとって動きやすい。リスクのないところにリターンはない。(らしい)とにかく動く事を大事に20代は過ごす。


    紆余曲折を経て成功していく2人の様子を見て、やる気が喚起された。この2人のように、横並びの発想ではなく、個性を大事に自分だけのキャリアを自分らしく「創っていく」

  • 起業やらベンチャーと聞くと「≒ホリエモン?」と思ってしまうくらい疎いワタシ。
    だけど、読んでみるとただのイキのいい若者のサクセスストーリーではなく、ビジネス上のヒントとか根本的な意識のあり方、ちょっと格好いい言い方をすると”生き方”について考えさせられる本。
    いち早くネットを使ったビジネスを考えた彼らは、でも箱の向こうにいる人間のことを常に考えていて、それがよかったのだと思う。
    箱の向こうに無数にある潜在意識やヒトのニーズ(というよりシーズに近い?)を敏感に感じ取っている。
    「世界初」に拘った彼らは、スピーディーで、センスがよく、熱心だ。
    業績が上がらず辛い時期に、一人一人にミッションを課して、それをマンパワーで解決できたところは「少数精鋭」のベンチャー企業ならではだと思う。
    大きい組織ではなしえない小回りのメリットを最大限に生かしている。

  • 最近もっとも自分が心を揺さぶられた本。
    「エニグモ」という名前に込められた謎という意味。
    たとえ周りに「あいつら何やってるんだ」と言われても自分のビジョンを信じて突き進む彼らに素直に惹き付けられた。
    あえて困難な道を進むかれらといつか一緒に仕事が出来たらなと想う。
    ご本人たちにお会いしたときは思っていた通りのおもしろい方々で、素直に感動した。

    著者にお会いしたときの日記↓↓↓
    http://takathy.blogspot.com/2008/11/blog-post.html

  • ・エニグモもバイマの開発時はパートナーと組んで構築した
    ・同じアイデアを共有しても、形にするときには全然違うものになっている。
    ・オフィス環境で一番お金がかかるのは「家具」。これはマジ。
    ・エニグモのオフィスは、「日当たり」を重視している。日当たりは、ポジティブなマインドを生む。
    ・ネットでメディアを持つと強い。一度確立して、影響力を持ってしまえば、資産となってビジネスを展開していくことが可能となる。
    ・EMDC、EMJP、EBPなどの活動。

  • 【臨場感溢れる内容だが、文書が稚拙】
    サービスの内容を聞けば、「あー、そんなのあったね!」と思い出すサービス『バイマ』を展開するエニグモ。その創業ストーリーを描いた一冊である。

    『バイマ』をリリースするまで、それが軌道に乗るまでの歴史はとても臨場感溢れて、見ていてドキドキ・ワクワクする。自分も味わったことのある感覚や、これから味わうんだろうなと思う感覚を感じ取れて面白い。

    が、残念なのは文章が稚拙だという点。本の文章にハマりたいけど、ハマりきれない感覚がなんとももどかしく、苛立ちを感じさせる。

    起業ストーリーを感じ取る点ではとても良いと思うのだけれど、なぜかやはり苛立ちを感じてしまうので星2つ。

    でも、この会社の

    『個人の力を、インターネットを使って増幅すること

    ということを目指している点は、まさに私がやりたいことと一致していて、素晴らしいと思った。

  • ただ優秀で恵まれた人たちが出会って、
    持つべくして持ったモチベーションの相乗効果で儲かるべくして儲かったってだけの
    自慢話に終始する一冊。
    本人たち的には苦労したとこもあるんだろうけど
    大多数の平民には理解できる頭も
    実行できる環境もない。

  • インターネットの歴史を勉強できるかのような2000年代に起こったことを体感できる本

  • エニグモってなんか聞いたことあるな〜と思って今回読んでみた。2008年刊行の本なので、現在どういう状況なのか詳しく分からないが上場してるようだった。会社の成り立ちから現時点でのサービス内容を役員がそれぞれその当時の心境を述べながら会話形式の文章だった。これを読むと年齢も近いので、俺って何やって来たのかな〜とか、凄いな〜とか気持ちが若干凹んだけど、なんかパワーを貰えた気もした。自分なりに今後の糧としていきたい。

  • 謎の会社エニグモ

    強気の態度はいつでも守るべき。
    人が企業に与えるインパクトはとてつもなく大きい。企業は人でできている。

    とても面白かった。起業するときに同じ方向を向いて、一緒に事業をやっていく仲間がいるって素敵だなと思った。

  • だいぶ前に読んだ本だが、新しい時代の到来を感じた。
    インターネットによって、世界中の人々がつながり、暮らしはどんどん変わっていく。
    インターネットによって、世界を変える、すごく面白い会社だと思う

全117件中 1 - 10件を表示

謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦のその他の作品

須田将啓の作品

謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦を本棚に登録しているひと

ツイートする