みんなのプロレス

著者 :
  • ミシマ社
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908090

作品紹介・あらすじ

「プロレスは人生の縮図」(武藤敬司)という言葉のとおり、60人超のプロレスラーたちのリアルな生き様を、ときにおかしく、ときに切なく、つづっている。20年以上にわたって選手の一番近くで見続けてきた著者だからこそ描けた、プロレス本の最高傑作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 週プロで連載を持つ著者が、主にアメリカのレスラーについて綴った一冊。

    この人のレスラーのファンタジーをうまく表現した文章力には毎回うならされるが、今回も興味深く読むことができた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962年1月1日、東京都杉並区生まれ。オーガスバーグ大学教養学部卒業。スポーツライター。コラムニスト。専修大学、帝塚山学院大学、大正大学で非常勤講師として教壇に立つ。在米中からプロレス記者として活動。プロレスライター歴27年。主な著書は『テイキング・バンプ』『デケード』『シーズンズ・グリーティングス』『レジェンド100』(以上、ベースボール・マガジン社)、『プロレス大事典』(小学館)、『ボーイズはボーイズ』(梅里書房)、『スポーツで楽しむアメリカ英語』(岩波書店)など。

「2008年 『みんなのプロレス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤文彦の作品

みんなのプロレスに関連するまとめ

ツイートする