家のしごと

著者 :
  • ミシマ社
3.44
  • (2)
  • (6)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908861

作品紹介・あらすじ

家のしごとには、渾身のちからをこめるだけの値打ちがある。

…でもときには、
サボったり、大げんかしたり、
やらかしてもいる。
山本さんの、そんな日常。

毎日新聞の人気連載を書籍化

わたしが小さなものと向きあおうというとき。もうもう、決まって、台所へ飛びこむ。
…小さなおかずをたくさんこしらえて、冷蔵庫に貯えるしごとに、不調や憂いの値打ちをわからせてもらった。
――本文より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家のことをコツコツやる。人生はこれが大事。

  • 日常の大切さに気づかせてくれる。家族に対して、友人に対して、仕事に対して、どんな向き合い方をするのか考えさせてくれる。

  • 2017 2/3

  • いつもほっこりあったかい気持ちにさせてもらってます。

  • ふみこさんの本は読みやすくて好き。ふみこさんのように手まめな主婦になりたいです。20161220

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1958年北海道小樽市生まれ。随筆家。3人の娘を育て、食事をつくり、掃除に精を出し、市の教育委員として奔走し、一人暮らしの親を気にかけ、ときに原発に思いを巡らせ、夫婦喧嘩をし…日々を重ねる。『朝ごはんからはじまる』『まないた手帖』(ともに毎日新聞社)、『おとな時間の、つくりかた』(PHP文庫)、『暮らしと台所の歳時記――旬の野菜で感じる七十二候』(PHP研究所)、『こぎれい、こざっぱり』『台所から子どもたちへ』(ともにオレンジページ)ほか、著書多数。

「2016年 『家のしごと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本ふみこの作品

ツイートする