ウソつきの国

著者 :
  • ミシマ社
3.07
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908908

作品紹介・あらすじ

首相も大統領も、IT、ケータイ会社も……
ウソばっかり!
「言葉を舐めてませんか?」

この時代の「まっとうさ」を愚直に問い直す。

上場ITメディア企業、通販会社、浮気男、サイコパス、
新聞、週刊誌、テレビ、世界中の政治家たち……
ウソつきの国、ウソつき会社、ウソつきたちが急増中!?
著者は、「ふつうのおじさん」の立場から、本を読み、ものを書き、
34年会社に勤め、「まっとうに生きること」を問いつづけてきた。
地に足のついた思考を求めて、今こそ、著者の声に耳を傾けよう!


有史以来、ウソは人間世界を覆ってきた。ウソをつく人間はしばしば罪を逃れ、利を得てきただろう。悪質なウソをつかれた者は、誹謗中傷に晒され、身に覚えのない罪を負わされ、苦しんだだろう。ウソをつく才覚のない者は、〝正直者はバカをみる〟のとおり、損ばかりしてきただろう。それでも、小ばかにされ蔑視されながらも、「正直」は「ウソ」の真っ只中を生き抜いてきたのである。――「あとがき」より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウソつきの国。勢古浩爾先生の著書。日本は政治家もウソつき、企業もウソつき、メディアもウソつき、個人もウソつき。ウソつきだらけのウソつきの国。確かに確かにと思いながら楽しく読めました。ウソつきのいない誠実な国であってほしいです。

  • 私の書評は概して長いものが多いけれども、今回だけは短くまとめましょう。

    これは長い長い居酒屋のおっさんの「社会への悪口」である。決してウソを書いているとは思わないけれども、その場で聞き流すべき話だ。このおっさんは、一章の中で、いく十もの例を出しているけれども、ひとつもそれを掘り下げて語らない。誰がどういう背景で、何を語り、どういう反響があり、どういう問題点があるのか?特に、じゃどうすればいいのか、殆ど語らない。そして最後に言うのだ。「だから、日本はダメなのだ」もちろん私もそう思う。でも、こういうおっさんの愚痴話を聞いている暇は、私にはない。

  • ミシマ社から出ているのでつい読んでしまった。新潮新書とか文春新書なら読まなかっただろう。

    初めて読む著者だったが、ずいぶんたくさん本を出している人らしく、読んでみると、なるほど!その通り!と思う。

    私たちは嘘に慣らされている。慣れすぎて、嘘をつかれたとわかったときは怒ったりガッカリしたりするのだが、すぐ忘れてしまう。特に政治家なんて嘘ばかりついてるから、ちょっとした嘘だと、一瞬不快に思うくらいになってしまっている。

    本書に出てくる「誤解を与えたとしたら申し訳ない」とか「私が責任を取る」と言うだけで責任をとったことにしてしまう、「これは個人の感想です」(だから、あなたの感想が違っていても責任は取りませんよ、という意味)など、あまりに日常的すぎて、「なんとなくやな感じ」程度で終わらせていることを反省。「写真はイメージです」っていうのもそう。
     本当に、私たちはもっと怒るべきだし、著者のようにきちんと覚えて(覚えられないならメモでもして)おくべき。

     頑固で記憶力が良く、人に流されず、信念を持ち、書いたものは独特で面白いのだが、そういう人いっぱいいるからなあ。昔中島義道の本が出ると必ず読んでいた時期があったが、そのうち厭になってしまった。繰り返しが多いのと、あまりに自説にこだわりすぎるのと、やさしさ(特に家族に対して)が感じられないのとが厭になった主な原因だったが、この人も似た感じがする。

     それでも、政治家や企業のトップのいい加減な口から出まかせが思い出せて良かったし、引用している本も、今どきの本だけでなく『ジャン・クリストフ』や『エデンの東』もあって、「こういう古典的な本こそ、ちゃんと繰り返し読むべきだなあ。真実が書いてある。」と改めて思わせてくれたことには感謝したい。

     個人的には人を騙そうとして計画的についた嘘より、とっさの保身でつく嘘の方が嫌いだ。その人物の薄っぺらさ、浅ましさがわかるから。そして恐ろしいのは、自分もそのような嘘をつく可能性が十分ありそうだということ。
    そのことだけは忘れないようにしたい。

  • ギョーザと書かれた店に入り、店員から「お食事ですか」と言われて面食らった。この店は食事以外に、魚とか野菜を売っているとでもいうのか。
    図書館に行き本を返却すると、係のおばさんから「ご返却ですね」と言われた。今、入って来たというのに、どうやって本を借りるというのか。・・・・
    のっけから笑い転げていた。勿論お笑いだけではない。終章では、嘘の裏返しである真実について、その本質というものを鋭く突いている。人いかに生きていくべきかを強烈に諭された。

  •  物事をすべて嘘としてとらえればそうなるのだろう。
     人が嘘と真を判断する過程によりどちら側の人間になるかその判断基準が難しい。

     嘘が本当になりまたその逆もあるという事が今の自分の真実ととらえている。

全5件中 1 - 5件を表示

勢古浩爾の作品

ツイートする