村上春樹にご用心

著者 :
  • アルテスパブリッシング
3.62
  • (31)
  • (65)
  • (90)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 478
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951003

作品紹介・あらすじ

祝、第6回小林秀雄賞受賞!

村上春樹はなぜ世界中で読まれているのか? デビューから『アフターダーク』までを貫くモチーフとは? なぜ文芸批評家から憎まれるのか? 村上春樹が発する倍音とは? 雪かき仕事はなぜ世界を救うのか? ベストセラー『下流志向』のウチダ教授がハルキ・ワールドの秘密を解きあかす画期的な文学論登場。

「私たちの平凡な日常そのものが宇宙論的なドラマの「現場」なのだということを実感させてくれるからこそ、人々は村上春樹を読むと、少し元気になって、お掃除をしたりアイロンかけをしたり、友だちに電話をしたりするのである。それはとってもとってもとっても、たいせつなことだと私は思う。」(本文より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もしあなたがプロヴァイダの解約をしようとする。
    本棚の奥底から引っ張り出してきたマニュアルに記載されたダイヤルに電話をかけてみたら、あらかじめ録音された人の声が聞こえてくる。
    その清く正しいリズムの案内を聴き終えて促されるままに番号を押す。
    すると、また清く正しいリズムの音声が再生されて彼女が話し終えるのを待つ。
    村上春樹の解説本とはそういったものだ。

    ひとつの小説から世の中の理へと帰納する。
    あるいは、文学の本質に迫ろうとする本は解説本というだけの価値では留まらない。

    そして、それがこの本だ。

  • わたしは中1から村上春樹が好きで読んできたし、何度も何度も読んだけど、わたしの読み方はまだまだだなあと思った。
    こんな読み方があったんだ、と驚くと同時にこれだけ何度も繰り返し読んで来てもまだ新しい面がいくつもある春樹の小説は本当にすごいと思う。春樹の小説が好きなのは何度読んでも違った発見があって、何度読んでもわからなくて、でも居心地が良いから何度でも読めるためだと思う。
    しかし内田さんが春樹論を書いてるとは知らなかった。ソシュールについての文章を読んで、この人は頭も人も良さそうだと思っていたが、無意識のうちにわたしの好きな価値観の匂いを感じ取ってたのかも。やっぱり春樹の小説が無意識レベルまで深くわたしの根っこに関わってるんだと思う。
    内田さんのわかりやすくリベラルでユーモラスな語りもとても良かった!素敵な人だなあ。他の作品も読みたいです!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「何度読んでも違った発見があって」
      何となく、アレ?と思いつつ。前に読んだ時の印象を心の中に探すのですが、見つからずにいます。
      それだけ多様...
      「何度読んでも違った発見があって」
      何となく、アレ?と思いつつ。前に読んだ時の印象を心の中に探すのですが、見つからずにいます。
      それだけ多様なイメージが湧くんだろうな。と一人納得しています。
      2012/09/11
  • 人間には根源的に共通した部分がある。
    「世界」に読まれるっていうのは
    きっとそういう事でしょうね。
    外国語に翻訳された文章を再度日本語に翻訳しても原文と同じ文章が出てくる。

    根源的に、みんな井戸を抜けるし孤独だしパスタ作るし走るし泳ぐのだ。

  •  村上春樹は好きではないが、その作品を手掛かりに披露される内田樹の知見には、相変わらず唸らされるところがある。

  • 私は村上春樹はあまり好きじゃないです。
    (アンチではないですよ?ただ、つかみきれないその文に
    畏怖も感じるのですが、なんか、怖い)

    著者は珍しいことに
    冬ソナが好きなのです!!
    しかも超真面目に語っているぜコノヤロー。
    ここまでいろいろと思いを巡らせることができれば
    幸せなんだろうなぁ。

    村上春樹の魅力をこれでもかと
    ぶつける、著者らしい(と言われる)作品。
    翻訳しやすい文だということに
    驚かされました。

    現実にフランス語にかかわる彼が訳した分と
    原文は近いのよね。
    しかもハルキストらしく、
    大体文脈予想をしてらっしゃる(笑)

    文壇のかくかくしかじか話も
    必見であります。

  •  筆者がメディアやブログの日記で「村上春樹」について書いたものを、まとめて1冊にした本。そういう意味で、一つ一つのエピソードは納得させられるものがあるものの、全体としてのまとまりにはやや欠けたしまった感もある。また、村上氏の作品のいくつかをピックアップして、謎解きや解説をしたものではない。

     いきなり読み始めるのではなく、あとがきで全体像をつかんでから、最初に戻った方がいいのかも知れない。

     目からウロコの指摘がいっぱいある。例えば、p.58「近いところでは村上春樹の作品はほぼすべてが「幽霊」話である。」なるほど。そう思って見ると、不可思議な言動をする登場人物の正体が、少しだけ分かったような気がする。

     p.65「私たちの世界にはときどき「猫の手を万力で潰すような邪悪なもの」が入り込んできて、愛する人たちを拉致してゆくことがある。だから、愛する人たちがその「超越的に邪悪なもの」に損なわれないように、境界線を見守る「センチネル(歩哨)」が存在しなければならない…というのが村上春樹の長編の変わることのない構図である(ご存じなかったですか?)。」なども、私はハッとさせられた。

     この本は、基本的に村上作品を肯定的に扱っているので当たり前かもしれないが、読み終わったあと、よ~し、もう一度村上作品を読んでみよう、と思わされる力がある。私も、このブログに読んだ本の感想を書くとき、その本を肯定するにしても否定するにしても、その本を読みたくなるような、そんな感想を書かなければいけないなあと、改めて考えさせられた。

  •  内田樹が村上春樹に関して書いてきたテクストのほぼ全てを一冊にまとめたもの。
     ちなみに「樹」は「たつる」と読む。
     作家としての村上春樹や、その作品、村上春樹に対する批評・批判などを中心としたものから、単なる村上春樹を引き合いにしたもの(村上春樹もこう言っていた云々的なもの)まで様々。
     読んでいてよく判らない箇所もあるのだが、内田氏の文章はとっつきやすく、良く判った(ような気になる、が正解か)。
     ブックオフで見つけて購入したものであり、8年程前に出版されたものなので、内容的には少し古い話題も混ざってはいるが、例えば村上春樹を取り巻く批評家の内情なんてのは、昔から全く変わってないんだろうなぁ、と思える。
     中には村上春樹とは殆ど関連がないものもあるが、そんな記事でも面白く読み通すことが出来た。

  • お蕎麦屋さんに置いてあった本。「ご自由にお持ち帰り下さい」とあったので、弟がもらってきた本を弟より先に読了。この方は、本当によく村上春樹を読まれてるなという印象。共感できるところも多々あった。今日はちょうど、ノーベル文学賞の発表日。村上春樹さんが授賞されたら私もうれしいし、(授賞するにせよ、しないにせよ関係ないかもしれないが)また彼の小説を読みたくなるだろう。

  • もしかしてこの本に書かれているように、村上春樹さんの作品が「誰も気付かないけど世界的に共通して失われたものをテーマに書かれている」ために読者が増えている…のかもしれないな。「文化的雪かき仕事」とは「小説」であり「バー」であり「音楽」や「映画」でもあるのかな

  • 「100パーセントの女の子とウェーバー的直感について」という最後のめちゃくちゃなエッセイが好きですね。

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上春樹にご用心のその他の作品

村上春樹にご用心 Kindle版 村上春樹にご用心 内田樹

内田樹の作品

村上春樹にご用心を本棚に登録しているひと

ツイートする