ポップミュージックのゆくえ 音楽の未来に蘇るもの

著者 : 高橋健太郎
  • アルテスパブリッシング (2010年6月30日発売)
3.90
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951331

作品紹介・あらすじ

新しい音楽は過去からやってくる──
ポスト・パンク、ダブ、ヒップホップ、ワールド・ミュージック、ハウス──80年代に興った音楽、テクノロジー、メディアの進化/深化から描き出す21世紀へのヴィジョン。20年前にすでに現在のシーンを予見していた鋭い洞察に富んだ音楽評論の力作が、「この30年がわかる100枚のディスクガイド」付きの新版として復活します! 
※本書は1991年に太田出版より刊行された『音楽の未来に蘇るもの』の増補新版です。

ポップミュージックのゆくえ 音楽の未来に蘇るものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こないだ読んだスタジオの本が面白かったんでこちらも。ジャンルって何だ?って評論は展開のための展開になりがちで、結局畑違いの名著とかをチビチビだして補強せざるをえず結構あれってなるんです。それは我々が音楽を個人的体験に背景を任せ、だからこそミュージシャン個人の掘り下げにはダイナミズムを感じるからだと思ってますが、著者いうところの定点観測ってのが本書であるということでそうした個人体験とは対極なんでしょう!でもこの形式では結局CD選に必然性が見えなくて…どうももどかしい。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784903951331

  • 音楽史というものの面白さを感じる。いろいろと納得する。
    あまり知らないジャンルの音楽について、聴いてみたくなります。

  • 知人から薦められて読んだのですが、普段読まないジャンルの本なので、わからない用語が多く、飛ばし読みになってしまいました…

  • この本は久しぶりのヒットでした。
    周囲に勧めてしまう程でした。

全5件中 1 - 5件を表示

高橋健太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
大谷 能生
國分 功一郎
村上 隆
有効な右矢印 無効な右矢印

ポップミュージックのゆくえ 音楽の未来に蘇るものはこんな本です

ツイートする