恋の話がしたい (マーブルコミックス)

  • ソフトライン 東京漫画社 (2008年11月18日発売)
4.07
  • (409)
  • (314)
  • (270)
  • (22)
  • (7)
本棚登録 : 2795
レビュー : 176
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904101322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いや、いわゆるBLの本なんですけどね、僕にはまったくそういう素養は無いんですけどね、何か「人を好きだと思う」とか「その人を手放したくないと思う」気持ちって何も変わらんなぁと思うのです。そこにしっかりドラマを感じるのです。ヤマシタさんの絵やお話が切なく優しいせいもあるのでしょうが。

  • 何度目かわからんほど読み返してます!
    【恋の話がしたい】は本当にキュンってくる。こんな恋がしたい(笑)
    邑崎の話も切なくて、彼が幸せになれる話も読みたいなーとか思ったり(*´∀`)
    とにかくヤマシタ先生最高ですねっ!!(≧∇≦*)

  • 友だち同士。
    うっかり告白したら実は相思相愛でしたテンションみたいな

    ずっと気になっていた作家さんです。
    買って良かった
    本当に良かった。
    表題作とショートが三本
    全部好き。
    本当に全部好き。

    特にRe:helloは泣いた
    だーだー泣いた。
    朝6時のキッチンで泣いた。
    切ないエンド苦手だったんだけど
    新しい世界が開きそうで怖い。。。

    フェブラリーメッセンジャーも良かった。
    終わり方がいい。
    最後のヒトコトがすごくいい。

    超ガチのゲイ×超ガチのドMは続きが読みたい
    読みたいなぁ~~

    実は、書き下ろしの
    昔の話はしたくない
    も、相当切ない。
    こんなにショートでこんなに切なくなれるもんかね、と思うほど

    全てのコマに意味があって
    全ての台詞を見逃したくない
    そんな素晴らしい作家さんです。
    他の作品も読んでみたいです。

  • 愛してやまないヤマシタ先生の作品の中でも特に好きな一冊。純粋に自分も恋がしたくなるほどあてられます(笑)幸せになれよばかやろー!と言う気持ちと恋特有のもだもだした感情が自分の中で渦巻いて、たあまりません。これぞ「キュン」でございます。

  • 表題作と【スパンク・スワンク!】が良かった。

    三十路で初恋ってなんだよ〜。
    付き合う定義とか何するんだとか、中学生か(笑)
    でも好きな人の言動や価値観で自分に変化が起こるのは、いくつになっても新鮮だと思う。
    メールに絵文字を使うとかね(笑)

    【スパンク〜】は、お互いの性癖に歩み寄る姿が可愛かった。
    自分の事「巨根」とか言っちゃって必死だなオイ!
    一緒に居るのに違和感がある、まだ手探りの段階のスタートラインとか、ヤマシタさんが描くとホント一緒になって照れちゃうわ。

  • 率直に言うと、気分とちょっと違ったのかもしれない。
    ヤマシタトモコ作品は、どちらかというとびーえる物よりも少女漫画の方が波長が合う傾向にある気がします。
    彼女の描く女の子のモノローグとの波長の方が、より合うからなのかな。
    真川くんが攻めであの顔でタバコ吸ってて!というところは非常にそそられるものがありましたが!笑

    「Re:hello」の「わたしは大人になれば泣かなくなるのだと思っていた」は私的に、一冊通しての一番の名台詞。

  • 表題作せつない…ネガティブな人がひとを好きになる様は辛いなあ。
    それぞれテーマのある、いい感じの短編を寄せてあってとても満足しました。
    一番好きなのはドMの営業サラリーマンとゲイのクリエイターの子の話。
    正直これで一冊読みたい。
    スーツに営業スマイルの下にガッチガチの乳首ピアスってどんな営業さんだよ…ほれました

  • 作者様の作品は全部似たり寄ったりでつまんない。空気感とかテンポが飽きたっていうか。つかキスもなしでHってどうなの。最近キスがないがしろになってるBLが多くてがっかりだ。女が主人公の話とか要らないし。

  • どうしようもない話を描かせたらほんとに神だと改めて思いました。
    あと何でもない話。なにがどうってわけじゃなく淡々とした日常風景がそこにあって、そうそう、こういうふつうの生活してるんだよね、同性を好きになっても、と。
    ほんとに(よくもわるくも)BLさがない。ストレートに乙女が喜ぶ少女漫画的なBLを期待したら痛い目みる感じ。


    『恋の話がしたい』
     美成の男性的な(受けの)セクシーさがたまらない。美成って、邑崎や真川に出会わなかったら、女たらしなバイのドエスな人にめちゃくちゃにやられてそうだと思いながら読んだのを憶えてます。
     もだもだしながら恋愛してるのがとても微笑ましいです。ヤマシタさんの描かれる日常系ホモってほんとに好き。
     迷いながら、触れるにも躊躇するのに“おまえがいいならいい”とか。すごく一方通行な考え方をそれはだめだとナチュラルに言える真川って、幼いイメージだけどほんとは大人なんだろうな。
     たくさんの“ふつう”が重なって日常になって、きみといるから“忘れられない”日常になるって素敵な恋の話ですね。と、満面の笑みで美成に言いたくなった。

    『Re:hello』
     このどうしようもなさはほんとに秀逸。そして三十路ゲイと少女の威力は半端ない。
     ゲイだからダメ以前に人間としてどうだろうって誰かツッコミを入れたほうがいいと思う。話はほんとにいいです。
     本当の恋とかしてみたいけど、きっと病気みたいになると思うので、現実問題一番好きな人とは結婚しないほうがいいと思う。とか、そういうことを考えているうちは本当の恋なんかしっぽすら掴めないのだろう。

    『フェブラリー・メッセンジャー』
     とても好き。言ってることとかやってることがばかばかしくて。
     お互いが自分の気持ちと相手の自分への気持ちに気付いてるけど、両想いでも踏み出せない。今のままがいいけど、どうしようもないくらい好きで!っていう切羽詰まった感じがかわいいです。
     …この子らリバップルだったらいいな。

    『スパンク・スワンク!』
     突き抜けたどうしようもなさ。末友さんって肉体的ドМで精神的ドSっぽいから乗りこなすの難しそう(笑)
     ともかく、SMは芸術なのかと思いました。

  • 臆病な恋はなんだか、どうしても可愛らしくてニヤニヤしてしまった。なりふり構わず行動できた学生とは違って、大人になるとしがらみやら世間の眼やらが気になるお年頃ですなぁーという話。

全176件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恋の話がしたい (マーブルコミックス)のその他の作品

恋の話がしたい (MARBLE COMICS) Kindle版 恋の話がしたい (MARBLE COMICS) ヤマシタ・トモコ

ヤマシタ・トモコの作品

恋の話がしたい (マーブルコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする