YES IT'S ME (マーブルコミックス)

  • ソフトライン 東京漫画社 (2009年9月17日発売)
4.20
  • (341)
  • (264)
  • (133)
  • (24)
  • (2)
本棚登録 : 2427
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784904101544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • きのこが美味しいです。

  • 「好きです、この世の何よりもーー自分を。」
    容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能で対人関係も良好。
    おれの人生なんの問題もない…はずなのに…!
    幼なじみの江城(通称キノコ)が放った言葉がおれの心を惑わせる!?
    20数年来のくされ縁から、一緒にお♡♡に入るまで。
    ヤマシタトモコが描く笑撃の短編集☆



    ◼︎目蓋の裏にて恋は躍りき
    馬原くんの三白眼、短髪と沼上の眼鏡、ぼさぼさめの黒髪がすごくつぼだった。美大ってなんだか永遠の憧れなので、いいなって思った。
    何よりも馬原が童貞丸出しなところをまるまる受け入れて愛してくれる(であろう)沼上が愛おしい。ぜったいこいつえろい。

    ◼︎彼女は行方不明
    八名木は古林のことすきなんですよね。ちがうかな。わたしはそう思った。だけどなんかなんだろう、ほもではないなにか友情のような、でもすきみたいな。うまく言葉にできない。

    ◼︎minun musiikki
    楽器って素晴らしいなと。ほんとにありそうなほもでまじまじ見つめてました。それだけ。

    ◼︎YES IT'S ME
    自分大好きな東間とそのくされ縁の江城の織りなすギャグやららぶやらにちじょうがとてつもなくすきだ!きのこきのこ言われてるけどわたしは江城の髪の毛すんごくすきだよ…ふんわりきのこヘアすきですよ!
    俺は自分がいちばんすきなんだ!な東間が少しずつ江城に傾いていくのがとっても楽しいもえ。初恋は女装した東間(3歳)ですって!
    東間が赤面しつつのそでひっぱりながら「待って 行かないで キノコ…おれ…どうしよう……」に動揺を隠しきれなくて本能丸出しになっちゃうキノコ。ちゃんとすきなんだなあ…ってのほほんとしました。
    キノコさんがダヴ使ってることがなんかすごくかわいいなと思っちゃった。
    お風呂っていいな…濡れた髪っていいな…

    ◼︎Loathe!
    言いなりだなあ…どえむだなあ…
    こいつ俺のことすきだからなんでも言うこと聞くって思ってるようなやつは受けが離れて行った途端にやべ、思ってた以上に俺、あいつのこと…みたいになるんだぞ、って想像までしました。最終的に攻めのが受けに縋ればいい。

    ◼︎夢は夜ひら
    お化粧って素敵だ!
    かわいいは正義だ!

  • こういうアホな「俺様俺様スキー」なナルシストが攻められるの、大好きですよ?

  • 表紙買い。だけど私の求めているものと異なっていたため、がっくりしました。
    でも、ゆっくりと後で読んでみたら普通に面白い。表紙のお話も面白かったけど、美容師のお話はシリアスでしっくりときました。
    うん、自分の価値観を押し付けてくる人ってどうしても好きになれないなぁ。

  • ヤマシタトモコ って見るとつい買っちゃうけどBLだと全然おもしろくないと思うんだけどそれは自分の趣向の問題かな。でもめげずに買う。

  • 短編作品集。
    一番最初の美大の話が好きだー。かわいい。(でもこの作品の中で何が一番興味深いかって春画をうふふって抱えてった美女がどんな恋愛をしているのかだったりする←本題に全く関係ない)
    そして表題作が好きだー。ナルシストが恋に目覚める瞬間。自分ダイスキ男が性格悪いわけじゃないのがヤマシタテイストだなあと思う。
    どこもかしこも確信犯だらけの1冊だなあと思うんだ。
    そしてこの1冊の中で一番心に残ったのが最後の「夢は夜ひらく」。女の人になりたいコスメショップ店員(男)のお話。なんかジェンダーを扱っているせいかよしながふみさんみたいな印象もあるんだけど、そうかまあようするに私がジェンダー作品が好きなんだよな。ホモ作品に求めてるものってジェンダー考察みたいなところもあるし…。自分が認められない自分を認める過程、みたいなものが描かれてる作品が好きなんだよねえ。(だから最近のBLが好きじゃないんかも)

    前に美容院でスタイリストさんと話してたときに「女装趣味の男の人」の話になって、「奥さんとかどう思ってるんですかねー。傍から見たら『キモッ』としか言えないようなオジサンなんですよねああいう人って」と言われてなんだかいたたまれなかった気分を思い出した…。奥さんならともかく、アカの他人がキモッとか言う権利はないと思うんだ、思うのはしかたないけどさ、本人だってそんな自分を認めかねているんじゃないかと思うんだよねえ。

    (20090924)旧ブログより転載

  • ずっと想い続けるきのこのイケメン具合といったら!!
    短編がつまっていて、読み終わった後心に残る何かが絶対にある一冊。

  • イケメン受け。残念な男前と、キノコヘアの組み合わせが斬新かつ、おもしろい。

  • 妹から借りました。
    揃って表題作のキノコに全てを持っていかれた似たもの姉妹。

  • 気に入り過ぎてか、酔って意識の無い時に持って風呂に入ったらしく、目覚めたら濡れてしっとりしていました。急いで乾かしましたが、未だごわごわしています。

全147件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

YES IT'S ME (マーブルコミックス)のその他の作品

YES IT’S ME (MARBLE COMICS) Kindle版 YES IT’S ME (MARBLE COMICS) ヤマシタ・トモコ

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする