霊術家の黄金時代

著者 :
  • ビイングネットプレス
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904117972

作品紹介・あらすじ

明治末から昭和初めにかけて出現し、病気治しや催眠術、健康法、霊との交流などに活躍した霊術家たちの破天荒な生涯と共に、その歴史的な意味を探る。催眠術で病気を治す清水英範、気合いで病気を治す浜口熊嶽、屈伸運動の健康法を開発した坂本屈伸、鎮魂帰神の浅野和三郎等々。西洋医学と科学に対する対立軸として、裏の医術として代替医療家的な役割を果たし、急激な近代化によって失われていった日本的なる者たち。彼らはどのような社会的・文化的背景の中で歴史に登場し、去って行ったのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治から昭和に至るまでの民間の精神史、、この辺の事情についての文献は基本原著に当たるしかなく、このような紹介本は貴重です。

    できれば饗宴も再刊していただけないでしょうか……。

全1件中 1 - 1件を表示

霊術家の黄金時代のその他の作品

霊術家の黄金時代 Kindle版 霊術家の黄金時代 井村宏次

井村宏次の作品

霊術家の黄金時代を本棚に登録しているひと

ツイートする