もっといろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

著者 :
  • えほんの杜
3.90
  • (12)
  • (15)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 223
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904188187

作品紹介・あらすじ

「いろいろ・・・」の掛け声でいろんな色が、いろんな形に大変身!読む側、聞く側に笑顔が生まれる、おしゃれで楽しいファーストブック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 11ヵ月

    こちらもとても楽しんで見ていた。
    もっと大きくなってから読んでも
    さらに楽しめそう。

  • ●読み聞かせ。
    ●ばあ、のところでにっこりだった。

  • 2歳
    普通のいろいろばあ にハマっていたのでこちらも借りた。
    こちらの方がより反応がいい。
    おばけもいないないばあも好きなのでよかったみたい。

  • 娘も息子も大好きなシリーズ。絵の具の顔が飛び出してくる!ページをめくるドキドキ感がたまらないのかな〜

  • 面白い。楽しそうにしていた(^^)
    購入を考えてもいいほど
    特にバァ!が好きなので気に入っていた。

  • いろいろばあの続編で色が増える。
    お話の最後がとてもインパクトがあって強烈なので、読むたび息子が大喜びしている。

  • 1歳4か月

    混ざることなく単色で、その色の動物が出てくる。
    いろいろばぁのほうが面白いとおもうけど、こちらの方を
    よく見たがる。
    形が面白いのかな。

  • このシリーズは娘にとって鉄板。だるまさんシリーズより喜ぶ。繰り返し読んであげたらそのうち色の名前も覚えそう♪(1歳2ヶ月)

  • いろいろばあがパワーアップした1冊。今度は混ぜた色が主役かな。

  • いろいろばあの第二弾。ますますカラフルになっています。色に関する動物になるので、いろいろばあよりも対象年齢が上の子でも楽しめそうです。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年東京生まれ。二人の娘の父。絵本作家、デザイナー。絵本に『いろいろ ばあ』(えほんの杜)、『四字熟語ワンダーランド』、『ソケットとおとのまほう』、『クリップとみずのまほう』(フレーベル館)、『しゅっしゅぽっぽ』(教育画劇)、『れいぞうこ』、『どっちのてに はいっているか?』(偕成社)、『おおごえずかん』、『デザインワークブック』(コクヨS&T)、『あおいちゃんはあおがすき』、『せかいの こんにちは-みんなであいさつ-』(幻冬舎エデュケーション)、『まち』(自由国民社)、『クイズ ポポとピックの大ぼうけん 国語 算数 理科 社会』(朝日学生新聞社)、『ひ ぼうぼう』『みず ちゃぽん』(童心社)、『ころころぽーん』(ほるぷ出版)、『かくかくかっくん』(学研)、『こわいものがこないわけ』『ツリーさん』『ごとんごとん ごー!』『ハッピー ハロウィン!』『びっくりはなび』『びっくりこたつ』『おえかきしりとり』『うんち でるかな?』『だーれの は?』『ちゅうちゅうたこかいな』『ももも すももも』(講談社)など。挿画に「モーキー・ジョー」シリーズ(フレーベル館)などがある。

「2020年 『しかくいので』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井洋行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
ヨシタケシンスケ
かがくい ひろし
なかがわ りえこ
エルヴェ・テュレ
三浦 太郎
かがくい ひろし
エリック=カール
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

もっといろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×