中国妖怪・鬼神図譜 清末の絵入雑誌『点石斎画報』で読む庶民の信仰と俗習

著者 :
  • 集広舎
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904213360

作品紹介・あらすじ

空前絶後の中国オカルト図鑑。
天界の神々から妖怪、呪術、仙人まで、激動の世紀末中国を騒がせた神秘事件を通し、四千年の歴史が生んだ百鬼諸神の実像を細密なイラストで活写した、宗教民俗大全!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 清末の絵入り雑誌「点石斎画報」から鬼神・迷信・俗習関連の
    記事を選び、解説を付して紹介。「呉友如画宝」の挿図も引用。
    I  神明・・・神々。玉皇太帝、土地神、媽祖、八仙、龍王など。
    II  鬼・・・亡霊、幽霊。仮屍還魂、キョンシー、無常鬼など。
    III 精怪・・・精霊、妖怪。狐精、猫怪、樹精、器物怪など。
    IV  方術・・・呪術的技術。奇門遁甲術、隠遁術、神呪など。
    V  民間宗教者・・・巫、風水先生、算命先生など。
    VI  迷信・俗習・・・民間信仰や風習。石敢当、盂蘭盆会など。
    索引有り、参考文献有り。まえがきに「点石斎画報」の説明有り。
    清代中国の絵入りの旬刊紙で、日本の瓦版または絵入新聞のような、
    時事から文化、ゴシップ等の噂話や習俗など、あらゆるものが
    取り上げられています。全528号で終刊!
    本書は、その中から鬼神・迷信・俗習関連の記事を選んでいます。
    その内容は現代から眺めれば、虚々実々がまぜこぜです。が、
    まだ通信事情が発達していない時代。
    盗賊が跋扈し、争乱や飢饉の経験。
    信じるもの、厭うもの、恐れるものが多数身近にあった頃。
    かも多彩な鬼神・迷信・俗習があったことに驚かされます。
    中国ってやはり広くて深いなぁ。長い歴史のある事象も多いし。
    さすがに吃人は読んでてしんどかった。
    それでも、挿絵に当時の風俗が多く詳しく描かれていて、
    楽しめました。

  • 2016-7-23

  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00249799

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1941年、中華民国張家口に生まれる。福岡教育大学教授、青山学院大学教授を経て、現在、福岡教育大学名誉教授。著書『中国中世の民衆文化』(中国書店)、『異人と市境界の中国古代史』『橋と異人 境界の中国中世史』『シナに魅せられた人々 シナ通列伝』(ともに研文出版)『中国妖怪鬼神図譜 清末の絵入雑誌「点石斎画報」で読む庶民の信仰と俗習』ほか

「2020年 『中国生業図譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相田洋の作品

ツイートする
×