もう一度 倫敦巴里

著者 :
  • ナナロク社
4.13
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904292716

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • 奥さまが平野レミさん
    息子さんが和田唱さん、
    お嫁さんが上野樹里ちゃん
    ってすごい家系。

    星新一さんの本や週刊文春の表紙のイラストで知られる和田誠さんが、ただひたすらパロディでふざけている本。

    ピクニック行くときに、気軽に読めるものをと持ちものにin。

    笑った笑った(ノ▽〃)
    すごいなぁ、この観察&洞察力。
    そして、後半はほぼほぼ川端の雪國に傾倒して行きます。

    札幌のタウン誌O.toneなどでご活躍される、イラストレーターY・Oさんに頂戴しました。
    ありがとうございます。

  • まさに「もう一度倫敦巴里」!40年前の高校時代、駅前の書店でバスを待ちながら少しずつ立ち読みしてました!あの時の興奮と感心と尊敬が一気に蘇りました!初版の時はページが進むのがもったいない気がして毎日の通学のお楽しみでちょっとずつ楽しみでしたが、もう一度、は一気読み!自分の血中の和田誠菌の濃さを改めて確認した気がして…そしてずっと忘れていたけどこの本がその後の自分の人生の選択に大きな影響を与えたような気がして…そしてそして、なんとなく著者が自らいうところの「モジリ」(パロディではなく…)が80年代の文化を作り、現在のスーパーフラットな文化状況を作ってきた気がしました…たぶん違うかもしれないけど。AIがレンブラントの画風をディープラーニングして新作を作ることが可能になった今、「雪国」シリーズも人工知能が作る時代が来てるってことですよね?いや40年という時間はすごいや。

著者プロフィール

イラストレーター、グラフィックデザイナー、映画監督、エッセイスト。1936年生まれ。多摩美術大学在学中に日宣美特選。ライトパブリシティ勤務後、フリー。1977年から『週刊文春』表紙絵を担当、昨年2000回を数えた。

「2018年 『定本 和田誠 時間旅行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田誠の作品

ツイートする