とりとめなく庭が

著者 :
  • ナナロク社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904292761

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • “祝日の夕方に黒豆を煮ている。祝日だからではなく、食べたくなったからでもなく、豆を煮る行為はわたしにとって気持ちが安定する作用があると信じているから。”(p.86)


    わかる。わたしも以前はよく小豆を炊いた。

  • 彼女の言葉が脳内に入ってくる。
    言葉が入ってくる。

    なんか、もう僕が、このタイミングで読むことを、
    ずーーーと前から知ってたような、ぼくのために紡いだような。

    ホンモノって、こういうことなんだなぁと思う。
    かっこいい。

    頭のなかに、そっと、入ってくる

    いつのまにか、ずっと、響いてくる

    とりとめもなく、、 庭へ

    札幌在住の詩人・三角みづ紀さんの初の詩集エッセー集。
    脳内に直接届く言葉の選び方がかっこいい。
    奄美で療養のために過ごし
    体の中で凝集されてきた言葉たち
    苛烈な生き方をしてきたからこそ、見えて来たもの
    聞こえてくるものがあるのだなと思う。
    とってもステキだ。

  • 「ふりかえることはできるから/うしろをむいてはみるけれど/もどることは できないから/小さいわたしに 手をふった/たくさんの手が ふりかえす/その数だけ感情があって豊か/これからも何度もふりかえる」

  • 2017年11月12日に紹介されました!

全4件中 1 - 4件を表示

三角みづ紀の作品

ツイートする