花々の墓標

著者 :
  • IFF出版部ヘルスワーク協会
4.58
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904340004

作品紹介・あらすじ

近親姦虐待を生き延びた女性作家のオートフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  この人の書いた一連の作品を読んで、わたしの中である疑問が湧いていました。
     もしかしたら、この人は自分の経験を作品に投影しているのではないだろうか?
     ずばりと言ってしまえば、この人は子供の頃に肉親から性的虐待をうけてきたのではないだろうか?
     この本で、疑問が氷解しました。
     よく、精神科の治療で「過去の体験を語る」方法が見受けられますが、この本の出版が作者の治療手段の一部なのです。
     親が子供にあたえる影響がどれだけのものかは、実例を何個か知っていたのでよくわかっているつもりでしたが、わたしの知っていることはほんの上っ面に過ぎないと思い知らされました。
     虐待がどれだけ子供の精神をねじ曲げるか、この本には事細かに被害者側から書かれています。
     この本を執筆するにあたり、作者はどんなにつらい思いをしたか。
     想像するだけで涙が出てきてしまいました。

  • 筆者の過去が呵責なく自らの手で暴かれる。父親に愛撫され嫌悪感と同時に快感が起きる心身分離状態こそボディレンタルの背景にあることやフランス人との不倫が殺人事件ものの背景にあると分かる。筆者は鋭敏で知的過ぎて悲惨な家庭も記憶から消せぬままで実に残酷。

  • 著者の母親も同じような虐待などの被害経験者みたいだし、父方も「祖父と祖母はいとこ同士で、法律で禁じられている近親婚の範囲外ではあるが、やはり血が濃くて閉塞したような家族のもつれた関係」とか雰囲気が少し変な感じがする。
     
    やっぱりこういうのって連鎖してたりするんじゃないかな…、とちょっと思った。
    (私は専門家ではないし、著者のことも全然知らないから、「ちょっと思った」というだけだけど…。)
    母親も父親もそういう配偶者を選びやすい傾向があった…、とか。
     
    子どもを虐待して死なせてしまうニュース等を見ても、そういうリスクの高い二人がくっついて、さらに病的になりやすい、とかもあるんじゃないかな、とけっこう思う。

  • 文章がぐいぐいと読ませる。『ボディレンタル』のときも思ったが、非常に賢い方なのだと思った。
    トニ・マグワイヤ著『ママには言えない』や、リンダ ハリディ=サムナー著『リンダの祈り』のように、今は幸せに生きていて欲しかった。
    終わり方としては『残酷な神が支配する』タイプ。

  • 父からの性虐待
    解説・斎藤学

全5件中 1 - 5件を表示

佐藤亜有子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
篠田 節子
ヴィクトール・E...
桜木 紫乃
宮部みゆき
最相 葉月
薬丸 岳
佐藤 亜有子
柚木麻子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×