この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)

著者 :
  • ユーメイド
3.97
  • (15)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 94
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904422113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金に関して教育する難しさと、お金を大切にするとはどういう事なのか非常に考えさせられた。粗方の内容はカネを巡った筆者の人生体験で、大人が読むには少し砕けた表現が多くストレスを感じるような印象だった。ただ、子供に読んで欲しい本だと筆者が述べている通り、分かりやすさと痛快さは併せ持っているとも思う。自分がまだ両親の庇護のもと生活させて貰っているからか、この本からは満足のいく答えや結論(というと語弊がありそうだが)を導く事は出来なかった。社会に出て自分の力で生活するようになってからもう一度読んでみたい。

    ”人って気候がよくて、食べる物に困らなければ、お金なんかそんなになくたってカリカリしないで暮らしていけるものなのよ”

    ”親から「あなたは食べさせてもらってるんでしょ」「学費払ってあげてるじゃない」と言われちゃったら、もう何も言い返せない。
    子供って、うんと不自由だよね。親の説教の中でも「お金」の話を持ち出すのって、子供にしたら「反則だ!」って言いたいくらいだと思う。”

    ”日本では年間で三万人もの人が自殺をしているという。
    この数字は先進国の中でも異様な数なんだって。日本の交通事故死者数が年間で五千人というから、その六倍もの人が自殺を選んいる。それを思うと、銃声の音は聞こえないけど、「日本にもかたちのちがう戦場があるのかもしれない」って思う。”

  • ①150815

  • 持っている言葉の重み、強さ、濃さが違いすぎる。
    説得力のある言葉ってこういうものだ。
    頭で考えず、体を使って知っていくことはとても大事だが
    ここまで大きく振れた生き方をするのは難しい。
    でもそれをやった人の言葉から知ることはとても多い。
    身に染みた金銭感覚が、自分を守り強くする。

  • 最近読んだ本で一番良かった。お金の価値について、働くことについて、考えさせられた。

  • 西原さんが経済論をわかりやすく語る本なのかな?と思いながら手にとったらそういうことではなかった。
    内容はもっとシンプルで、「カネ」についての西原さん自身の経験と、そこから学んだ教訓を、「子供に読んでほしくて書きました」と前書きにある通り、子供に説くような形で話が展開していく。
    西原さんの半生記のようにもなっているのですぐ読めるし、私の年齢であっても、仕事に対しての考え方とか、感じることも色々あって面白かった。
    子供に対して自分の経験をもって語れることがあるっていうのは、大事なことだな。

  • 「カネ」を軸として語られる著者の自叙伝みたいな感じかな。
    すごく面白かった。

    個人的に4章の終りで「豊かさ」が実現したときに人はどう生きる(仕事する)べきなのかってところがきちんと論じられてて良かったと思う。

    1、やりがいのある仕事して高収入
    2、やりがいのある仕事して低収入
    3、しんどいことして高収入
    4、しんどいことして低収入
    5、ニート

    1、は、うん、激ムズ。4、はワープア、過労死。ってことで一般的には2、3、の間で「カネ」を軸に、どこに自分を落としこんでいくか、って考えるとシンプルだよねって話。

    それ以外にも、「カネ」に関する人間関係だとか博打だとかいろいろと・・。

    なんだか「カネ」に固執するのは悪いことだよね、心を豊かにするべきだよね、っていう空気って存在してるような気がするのだけど、それは結局、使う人の問題であって、グラミン銀行の例のように貧困を救うこともできるって終わりの方で書いてたのも心に残った。

    原子力発電なんかも同じような気がするな。それ自体には良いも悪いもない。使う人の問題だ。まぁそれが人生を通して考えるべき大問題なのですが。

  • 働いてお金を稼いで貯めて自分のためにお金を使う。
    とてもシンプルだけど、一番楽しくて重要なこと。
    一生働く覚悟を決めたいと、強く思った。


    “お金には、そうやって家族を、嵐から守ってあげる力もあるんだよ。
    いざというとき、大切な誰かを安心な場所にいさせてあげたい。
    そう思うなら、働きなさい。働いて、お金を稼ぎなさい。そうして強くなりなさい。
    それが、大人になるっていうことなんだと思う。”(p.227)

  • 強い人だ。そしてステキな人だ。

  • 最高!自分のルールで、家族の幸せのために働くのだ。世界の貧困に想像力を働かせながら。

  • 生きていく上で大事なもの、それがお金。
    これがあるからこそ、食べる事が出来て寝る事が出来て
    他の娯楽に手を出す事ができる…。

    幸せがあればいいの、という言葉に反論している文章に
    まったくだ、と同意していました。
    お金がない生活は、心がすさんでいきます。
    そうすると、何だか大事なものをなくしていきます。
    その状態に気がつかないで生活が進んでいきます。
    お金があって、その日生活がきちんと成り立った後に
    幸せはあるものなのです。

    正しく正論。
    正しい生活観念。
    なので、ギャンブルには気をつけましょう…w

全15件中 1 - 10件を表示

この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)のその他の作品

西原理恵子の作品

この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)に関連する談話室の質問

この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)を本棚に登録しているひと

ツイートする