怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)

  • サンガ (2010年7月29日発売)
3.72
  • (39)
  • (63)
  • (38)
  • (14)
  • (6)
  • 本棚登録 :542
  • レビュー :62
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904507636

作品紹介

生命と自我のしくみを解き明かし、ブッダが教える、怒りを克服する人生論!
私たちは「もう怒りたくない」と思っても、怒ってしまいます。
自分の意思ではどうにもならないものが、怒りです。
仏教では嫉妬、物惜しみ、後悔、軽視など、
十種類の感情も、怒りの姿を変えたものだといいます。
前作『怒らないこと』から、さらに心の深層に分け入り、
生きることの矛盾に真正面から答えを出します。
生命の根源にあるもの、それは怒り——
初期仏教長老が、ブッダの教える怒りの終焉をお話しします。

怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仏教から来る怒らないこと。 怒りを早期に発見してそれを抑え込もうとせず、理解してやり過ごすこと。 これが現実にはなかなか実行出来ないかも、というのも私の怒りはその冷静さも吹き飛ばすこともあるから、ちょっとやそっとでは消えないだろう。

  • 「怒り」についての追加説明。
    怒りを持たずに生きていくことはできないということ。
    それでも怒らない生き方を目指していくべきだということ。

    10種類の怒りを知り、早く怒りに気付き、落ち着くこと。

    などなど。
    用語の説明が不足気味ではないかと思いました。また、「慈しみ」に関する部分が短すぎたのが残念でした。

    怒らずに生きていくことはできないことを承知の上で、それでも頑張って怒らずに生きていきましょう、という内容の本でした。
    ぼちぼちがんばります。。。

  • 「無常」、「無我」、「慈しみ」がキーワード。
    「仏教を論理的に考える」という点に興味を持って1も2も読んでみたけど、いろいろと矛盾を感じた。後半なんて仏教の世界が大前提がないと成り立たないことがたくさんあった。
    著者が言う通り「人間は不完全で、人生は苦しい」ということがわかった。「自我なんてない」「怒りは悪」だとしても、私は考えたり感じたり表現することを絶対にやめたくないな、と思った。

  • 1作目より、仏教に関連づけて書かれているため、少しわかりづらかった。

  • 2014年1月2日読了。

  • 怒りを拡大再生産しないこと。まずは。

  • 怒らないためには、自分の心をしっかりと観察し、怒りの種類を判断し、早期に気づいて消してしまうことが必要だということが書かれていましたが、怒りに限らず、自分の感情の変化を客観的に分析して、次の行動に出るということは、非常に大切なことなのではないかと思いました。

  • 【資料ID】140079
    【分類】184/A79/2

  • 1は参考になったが、2は言うほど参考にならなかった印象、というか2はやたら否定が目立っていたような。子孫を残すことも怒りの対象になる、ということも書いており、結局怒らないこととは人類滅亡につながるのかな、と思った。

  • 実践して、少しでも正しい姿勢で生きたい。
    前作よりも、より踏み込んだ怒りとその周辺に対するアプローチです。

    世間がいかに狂っているのか、多くの人が気付けばいいのにと思います。

全62件中 1 - 10件を表示

怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)のその他の作品

怒らないこと2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書) Kindle版 怒らないこと2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書) アルボムッレ・スマナサーラ
怒らないこと2―役立つ初期仏教法話〈11〉 Audible版 怒らないこと2―役立つ初期仏教法話〈11〉 アルボムッレ・スマナサーラ

アルボムッレ・スマナサーラの作品

怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)はこんな本です

怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする