運動も勉強もできる脳を育てる 「運脳神経」のつくり方

著者 :
  • ラウンドフラット
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904613016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは一体、誰に向けて作られた本なのだろう?子育て本かと思いきや、ところどころ触れている程度で、応用は最後にわずか。勉強ができるというエビデンスの提示も冒頭のグラフの掲載で終わり。なにかにつけ中途半端。

  • 本書は、運動が脳の活性化・・・つまり、頭を賢くするのに大いに役立つことを、科学的・統計学的に証明するとともに、脳を活性化させる具体的な実践方法を解説している本である。

    なぜ運動することが頭を賢くすることなるのか。本書によれば、運動も勉強も、実は脳を使うからだ、という。「運動する=体を鍛える」というイメージが先行するが、「運動する=脳を鍛える→体を鍛える」なのだそうだ。

    ただし、運動するだけで頭が賢くなるというなら、運動能力の高い人はみんな”頭がいい”ということになる。身の回りには、運動ができても、あまり勉強ができない・・・という人が少なからずいるハズだ。これについては、深代教授によれば、同じ”運動”でも2種類の”運動”がある、という考え方で十分に説明できるのだそうだ。2種類の運動とは、1つは純粋に筋力や持久力を鍛える運動。もう1つは、技術(テクニック)を磨く運動。前者をトレーニングと呼ぶのに対し、後者をプラクティス(練習)と呼ぶのだそうだが、このプラクティスを行っている人こそ、脳が鍛えられる、という。

    というわけで、本書を読めば、運動(プラクティス)が脳に良いことは十二分に理解できる。また、それを実現するための方法も理解できる。しかし、当然ながら、本書を活かすも殺すも、理解したことを実行に移せるかどうか・・・それにかかっている。理論と実践方法を学ぶにはベストな本だ。それは間違いない。後は、実行し続けることができるか・・・その意志があるかどうかが、この本を買うかどうかの判断の分かれ目と言えるだろう。

    書評全文はこちら
     → http://ryosuke-katsumata.blogspot.jp/2013/04/blog-post_14.html

全3件中 1 - 3件を表示

運動も勉強もできる脳を育てる 「運脳神経」のつくり方のその他の作品

深代千之の作品

ツイートする