日常を袋詰めにして、海に捨てた罪 (コシーナ文庫)

著者 : 間武
  • コシーナブックス (2010年1月15日発売)
4.27
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904620038

日常を袋詰めにして、海に捨てた罪 (コシーナ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは“詩”、なのでしょうか。
    表紙も題名も、耽美系な感じです。

    一篇が三行、ただひたすらにそれが続きます。

    どこかに置き忘れた“記憶”、
    それを掘り起こしてもくれそうな、なんて。

    なんとなくルバイヤートを思い出しますが、、

    つらつらと、グラス片手に眺めていく、
    そんな風に堪能してみたいかな、とも。

  • 恋に関する詞がたおやかであまやかに痛くて好き

  • 233編の三行詩が綴られています。
    たった3行の文字に秘められた恍惚、朽ちてゆく純情、背徳と狂気、そして甘美な死の匂い。しばしの間、退廃的で耽美な世界にどっぷり浸ることができました。
    わずか3行で表現することの難しさと、3行だからこそ語れるものもあるということを、あらためて教えていただきました。

全3件中 1 - 3件を表示

間武の作品

日常を袋詰めにして、海に捨てた罪 (コシーナ文庫)はこんな本です

ツイートする