イスラム経済論 イスラムの経済倫理(社会科学の冒険II期7) (社会科学の冒険 2-7)

著者 :
  • 有限会社書籍工房早山
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904701195

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    21世紀に入り、イスラム経済、イスラム金融の回復力が注目されています。
    本書は、「利子を禁止する」イスラム金融、と喧伝されているイスラム金融の底に流れる経済観、経済ビジョンをわが国第一線のイスラム学者が、わかりやすく説きます。
    いわゆるイスラム金融の実務書、概説書ではなく、イスラムの人々にはどのような経済観が流れているかを鮮かに解いた、イスラム理解に必読の文明論的経済書です。
    イスラム・経済の棚に、長く置いて頂ける1冊です。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 1395夜

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

加藤 博(カトウ ヒロシ)
一橋大学教授
一橋大学大学院経済学研究科特任教授。一橋大学名誉教授。
一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。経済学博士。
主要業績に、『私的土地所有権とエジプト社会』(創文社、1993年);『イスラム世界論:トリックスターとしての神』(東京大学出版会、2002年);『ムハンマド・アリー:近代エジプトの開明的絶対君主』(山川出版社、2013年)等。

「2013年 『現代アラブ社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤博の作品

イスラム経済論 イスラムの経済倫理(社会科学の冒険II期7) (社会科学の冒険 2-7)を本棚に登録しているひと

ツイートする