路上のポルトレ

著者 :
  • 羽鳥書店
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904702833

作品紹介・あらすじ

地域雑誌『谷中・根津・千駄木』から出発し、評伝をはじめ多彩な活動を続けてきた著者が出会った人びとを回想するエッセイ集成。作家、思想家、詩人、映画監督、芸人、そして市井に生きる人……。およそ100人が織りなす星座のような人間模様。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本の古本屋 / 『路上のポルトレ──憶いだす人びと』
    https://www.kosho.or.jp/wppost/plg_WpPost_post.php?postid=6542

    森まゆみ『路上のポルトレ── 憶いだす人びと』 | 羽鳥書店
    https://www.hatorishoten.co.jp/items/35418111

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。中学生の時に大杉栄や伊藤野枝、林芙美子を知り、アナキズムに関心を持つ。大学卒業後、PR会社、出版社を経て、84年、地域雑誌『谷中・根津・千駄木』を創刊。聞き書きから、記録を記憶に替えてきた。
その中から『谷中スケッチブック』『不思議の町 根津』(ちくま文庫)が生まれ、その後『鷗外の坂』(中公文庫、芸術選奨文部大臣新人賞)、『彰義隊遺聞』(集英社文庫)、『「青鞜」の冒険』(集英社文庫、紫式部文学賞受賞)、『暗い時代の人々』『谷根千のイロハ』(亜紀書房)、『子規の音』(新潮文庫)などを送り出している。
近著に『海恋紀行』(産業編集センター)、『路上のポルトレ』(羽鳥書店)、『しごと放浪記』(集英社インターナショナル)がある。

「2021年 『聖子 新宿の文壇BAR「風紋」の女主人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
多和田 葉子
乗代 雄介
アントニオ・G・...
笠井瑠美子
凪良 ゆう
宇佐見りん
皆川 博子
夏目漱石
カズオ・イシグロ
山下賢二
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×