きたきつねのしあわせ (いきるよろこびシリーズ)

著者 :
  • 絵本塾出版
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904716250

作品紹介・あらすじ

めすが死んで独りになった、きたきつねのおす。きたきつねの命は5年。日に日に、弱っていく体で、子どもや孫、兄弟に会いに行きます。そして、力つき雲になったおすが、空から見たものは…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4:30。遠目効く。美しい版画。
    メスに先立たれたオス。最後に自分の一生を振り返る台詞以外は淡々と行動のみを描写。だからこそ読み手が考える余地を十分に与えてくれる。中年の私は、老いていく両親と日々成長する子どもを思いながら読み進めた。

  • 4分半

  • じぶんのいっしょうはしあわせだった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

北海道生まれ。『しまふくろうのみずうみ』では絵本にっぽん賞を、『きたきつねのゆめ』はボローニア国際児童図書展グラフイック賞を、『おおはくちょうのそら』はドイツ児童文学賞絵本部門ノミネート賞など、数々の賞を受ける

「2018年 『はしれ はるのゆきうさぎ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きたきつねのしあわせ (いきるよろこびシリーズ)のその他の作品

手島圭三郎の作品

ツイートする