ほんとうは失敗続きだった「経営の神様」

著者 :
  • メトロポリタンプレス
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904759219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 回想録の中身と似通ってた。

  • 「経営者とは、方向指示器付きお茶くみ業や」
    「いちばんむずかしい仕事から取り組まなあかん」
    など至言がいっぱいです。

    また事業部制度のメリット・デメリットなどまさに自分が置かれている立場について有難い解説もあります。

    ちょうどNHKで「神様の女房」が放映されてますが、改めて「経営の神様」の凄さが分かります。

  • 抜粋
    『晩年、心身を傾けた松下政経塾の入塾志望者の
    最終面接は幸之助がする。質問は「運が強いか
    どうか」「愛嬌があるかどうか」の二つ。将来、
    国の経営を任せる人材になるかもしれない人間が
    運が悪い、人気がないでははなしにならないからだ



    この世に運のいい人、悪い人などいるわけがない。
    「運がいい」と思うか、「運が悪い」思うか。違いは
    ここにある。「運がいい」と考える人だけが運を
    味方にできるのかもしれない。宇宙の法則とは
    そういうものだ。』

全3件中 1 - 3件を表示

中島孝志の作品

ツイートする