ぱんだ

著者 :
  • クレヴィス
4.43
  • (16)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904845196

作品紹介・あらすじ

岩合光昭写真集
ぱんだ

若きリーリー&シンシンの上野動物園、和歌山アドベンチャーワールド、中国は臥龍パンダ研究センターと珍しい野生のパンダを収載。

世界中のだれもが、パンダ舎のまえでは微笑みます。
そしてとにかく可愛い!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岩合光昭さんのパンダの写真集
    え、猫じゃないの?と思い見てみると…確かにかわいい。
    パンダの顔にも個性があると教えられましたが、私はあまりわかりません。でもかわいいです。

  • パンダのとびっきり愛くるしい写真が100点も載っているのに、たった1000円という、パンダ信者を増やすための陰謀としか思えない割安価格で、パンダがそれほど好きでない人も、騙されたと思ってぜひ買って手にとって見てほしい。表紙の写真からノックアウトされる人がきっといるはず。

  • 岩合さんがうらやましくて、キイーってなる。

  • 中国のパンダの自然と戯れている様子が本当に可愛かった

  • そんなもんかわいいに決まってる!もうかわいい以外の言葉が出ません!

  • パンダが好きすぎて、新聞の広告を見て発売日当日に買いました。ああ可愛い。パンダ萌え。

  • もうとにかく可愛すぎる(>_<)

    パンダってなんであんなに可愛いいのだろう、、、もう抱っこしたいっ!

  • なんちゅー動物だ、パンダって。かわいすぎる。

  • パンダはよく見ると目が怖い。しかし岩合さんの撮るパンダ写真はやっぱり愛くるしい。
    妊娠騒動の上野のパンダも多く掲載されていますが、中国のパンダ幼稚園にも、幼きシンシンらしきパンダもいる、のだとか。

    しかし、驚愕したのは著者紹介のパンダと至近距離で写っている(おそらく奥さん撮影の)写真。パンダでもあんなに近づけてしまうのか。「何かを持っている」ってこういうことかなーと感じました。

  • 岩合光昭さんの写真集はほとんど持っているので、どこかで見た写真も若干混ざっていたような気もしますが、やはり、パンダの可愛さは最高です。色々な仕草、表情があり、見ていて、飽きません。
    腕に顎を載せている仕草が最高です。
    あと、親子のツーショットがいいです。
    そして、野生パンダ写真。今までも見た写真ですが、見るたびに和みます。野生パンダが絶滅しないように心から祈ります。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本の動物写真家。東京都出身。
日本人の作品としては初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った。
2012年からテレビ番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』を開始。

「2022年 『2023 岩合光昭 世界の猫カレンダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩合光昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
西 加奈子
エラ・フランシス...
宮下奈都
伊原 美代子
岩合 光昭
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×